MVNOの伏兵となるのか!? 「LINEモバイル」サービススタート

LINE MOBILE01
かねてから予告されていたとおり本日2016年9月5日14:00、LINE株式会社の100%子会社であるLINEモバイル株式会社が、MVNOサービス「LINEモバイル」を開始した。

LINEモバイル公式サイト

スポンサーリンク

LINEモバイルの種類

LINEフリープラン

月額500円で、LINEでの音声通話・トーク・画像や動画の送受信・タイムラインなど、LINEのサービスが使い放題。
さらに、それ以外のデータ通信は月1GBまで利用可能。

月額620円でSMS、月額1,200円で音声通話がそれぞれ利用可能になる。

コミュニケーションフリープラン

LINEに加えて、TwitterとFacebookが無料通信に含まれる。
Twitterはタイムライン・ツイート・画像付ツイート・DM、Facebookはタイムライン・コメント・画像や動画の投稿・お知らせ表示がサービスに含まれている。

SNS付が月額1,110円から、音声通話付が1,690円から、月間3GB・5GB・7GB・10GBの通信量別価格で提供される。

※価格はすべて税抜き

LINEモバイルの特徴

ドコモ回線を利用

LINEモバイルはドコモ回線を利用したている。
したがってsimフリー端末だけでなく、ドコモ製のスマートフォンでも利用可能。

年齢認証が可能

今までのMVNOではLINEの年齢認証ができず、ID検索など一部のサービスが利用不可になっていた。
しかしLINEモバイルでは年齢認証が可能になり、LINEの全サービスを利用することができる。

データsimでもLINEアカウント作成可能

LINEアカウントは基本的にSMSを使って認証するので、SMSが使えないデータ通信専用simではアカウントの作成ができなかった。
しかしLINEモバイルでは、データ通信専用simでもアカウントの作成が可能になる。

端末も販売

SHARP AQUOS mini SH-M03・富士通arrows M03・arrows M02・ファーウェイP9 lite・ZTE Blade V7 lite・ASUS Zenfone Go・ASUS ZenPad 7.0の8機種を、LINEモバイルsimとセットで販売。

その他

データ通信の追加購入、余ったデータの翌月繰り越し、無料の転送電話が可能。
留守番電話(月額300円)、割込通話(月額200円)のオプションサービスあり。
国際電話・国際ローミングなどにも対応。
月額基本料初月無料。

※価格はすべて税抜き

まとめ

LINEの強みは、なんといっても知名度だろう。

MVNOはよく分からない、よく分からないところに加入することに、抵抗を感じていた人も少なくないだろう。
そんな人たちにとっては、LINEということで障壁は低くなるかもしれない。

さらに、もしLINE MUSICがサービスとして付加されることがあれば、爆発的にユーザーが広がる可能性もある。

初回サービスは先着2万名限定ということではあるが、今後の展開次第では面白いことになりそうだ。
後は申込方法や端末の設定方法を、どこまでサポートできるかが課題になるだろう。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ