みんな大好きLINEが、LINE NEWSアプリで情報収集がさらにはかどる!

LINE NEWSみなさんはLINEを使っているだろうか。

70%以上のスマートフォンユーザーが使用していて、10歳代に限ると90%以上になるというから、ほとんどの人が使ってるんじゃないかな。

僕も使っているんだけど、愛読しているブログのLINE@や天気予報など、情報収集用がほとんどだ(友達が少ないからね…)。

そんなLINEが、LINE NEWSのリリースでまた便利になった。


LINE NEWSLINE公式ニュースアプリ / LINE NEWS – LINE Corporation

スポンサーリンク

LINE NEWSを使ってみる

デスク上でエンターテイメント&情報収集端末として使っているiPad4にインストールした。
LINE NEWS_a

起動すると、こんなふうにニュースが表示される。
LINE NEWS_b

LINEと連携させて、LINE NEWSマガジンを購読する

LINE NEWSで設定すると、好みのマガジンをLINEに配信させることができる。

LINE NEWS画面、左上の[設定]から[定時配信の設定]を開く。
LINE NEWS_c

通知をオン。
LINE NEWS_d

するとLINEの方にLINE NEWSが登録される。
LINE NEWS_e

トークを起動し、下にスクロール。
LINE NEWS_g

マガジン追加画面が表示されるので、好みのマガジンの[追加]をクリック。
LINE NEWS_h

さっそく、一発目のマガジンがLINE for iPadにも配信された。
LINE NEWS_i

ちなみに、僕は「インターネッツが好き」「野郎メシ」を登録した。

他には、「なにここ行きたい!」「東京トレンド」「テレビ大好き。」「炎上ゴシップ」「やっぱり美女が好き」「女子力UP!」「動物萌え」「恋愛イマドキッ♡」「スポーツ酒場」「日本代表ジャーナル」「この上司がスゴイ」「これは使えるレシピ」「ママ、助かりました。」「なにこれ吹いたwww」「へ〜!カラダの新常識」「ザ・ディスカバリー」「時事まるわかり」など、僕が登録した2つを含め、現在19種類のマガジンが用意されている。

皆さんも気になるマガジンがあれば、登録してみてはどうだろうか。
もちろん、アプリ、マガジンともに無料だ。

まとめ

一時期、アカウント乗っ取り事件(?)で不安視されていたLINEだけど、ユーザーを減らすことなく、現在はスマートフォンの必須アプリになっている。
メールや電話はもちろん、ゲームやカメラ、ニュースや天気予報、ネット販売まで、LINE関連のアプリだけでスマートフォンは成り立ってしまう。

そのうちLINE Phoneとか、できるかも知れないね…

スポンサーリンク
関連するコンテンツ