季節はずれの「M65キルティングライナー」コーディネート

M65 quilting liner
ゴールデンウィークに入り、関西では暑い日が続いている。
昼間などはTシャツ一枚でも過ごせるくらいだ。

そんなわけで冬物を整理していて、春先にM65用キルティングライナーに、ずいぶんお世話になったことに気づいた。

少々季節はずれではではあるが、先シーズンの僕のM65用キルティングライナーコーディネートをご紹介しよう。

スポンサーリンク

M65用キルティングライナーとは

文字どおりM65ジャケット用のキルティングライナー。
M65自体は綿と化繊混紡のジャケットなので防寒性が低い。
それを補うのがM65用キルティングライナーだ。

本来はただのライナーなので、単独で着ることはできない。
しかしALPHA(アルファ)のライナーは、前ボタンや袖リブ、ハンドポケットを付け、単独でもキルティングジャケットとして着用できるようになっている。

ビジネススタイル

M65 quilting liner_aボタンダウンシャツとチノパンの上に羽織るだけ。
ブラックやネイビーのライナーを選べば、デザインもシンプルなのでビジネスシーンにも利用可能だ。

フォーマル以外の場面であれば、スーツの上から羽織ることも不可能ではない。

首元が寒い時はマフラーなどを巻いても良いだろう。
色合いに工夫すれば、シンプルなコーディネートのアクセントにもなる。

カジュアルスタイル

M65 quilting liner_bスウェットパーカーとジーンズの上から羽織るストリートスタイル。

M65キルティングジャケットには首元に襟などがなにもないので、フードなどを出しても邪魔にならず収まりが良い。

ミリタリー系ウェアとジーンズの相性は抜群だ。

まとめ

以前このブログでも書いたとおり、M65ジャケットは便利だ。

sankouミニマリストを目指す僕の厳選の一着 !! M65フィールドジャケットは、意外なほどコーディネートの幅が広い

秋口と春先はM65単体で、少し寒くなってきたらキルティングライナーを単体で着る。
冬本番になれば、M65とキルティングライナーを組み合わせて防寒性を高めてる。

これ一着あれば、ほんとうに充分なのかもしれない…

スポンサーリンク