【保存版】Macのショートカット記号の見方と使い方

mac_shortcut
先日、Macのショートカットをご紹介した。
これらは、様々な場面で共通して使えるショートカットだ。

これだけ覚えておけば作業がはかどる! Macのショートカット10選+1
Mac使いなら、覚えていて当然のショートカットキー。 皆さんは、どれくらい使いこなしているだろうか。 僕が使っている、最低限覚え...
ショートカットはこれだけではない。
他に、アプリのメニューに表示されるショートカットがある。

スポンサーリンク

メニューに表示されるショートカットとは

アプリのメニューを開いた時、右端に表示されている不思議な記号(赤枠)があることをご存知だろう。
mac_shortcut_a
これもショートカットなのだ。
このショートカットを使えば、左に表示されている作業をクリックすることなく、キーボードだけで実行することができる。

]は模様からcommandキーであることが想像できるし、アルファベットもその文字キーということがわかる。
しかし[]や[]は知らなければ、何かわからないだろう。
こればかりは覚えるしかない。

ショートカット記号表

mac_shortcut_b
代表的なものだけだが、よく出てくる記号なので、これだけでも覚えておこう。

ショートカット記号の使い方

使い方はそのままだ。
アプリを起動した状態で、ショートカットを使えば表示されている作業を実行することができる。

例えば、Finderを起動した状態で[shift]+[⌘ command]+[N]で新規フォルダが作成される。

ショートカットを記憶していればメニューを開く必要はないが、グレーアウト(文字が薄くなって選択できない状態)の場合はショートカットでも実行できない。

まとめ

先日のショートカットと今回のショートカット記号。
覚えることが多いけど、一度に覚える必要はない。

まずは先日の基本的なショートカットから、自分の使用頻度に合わせて、そのつど覚えていけばイイんじゃないかな。
まぁ、絶対に覚えなくてはならないわけじゃないけど、覚えておけば作業効率がまったく変わってくるからね…

スポンサーリンク