本格的に発売が噂されているMacBook Air 12インチは、多くのものが削ぎ落とされ、とてもミニマルになるらしい

MacBook Air12inch
このブログでも今年の発売が予想されるApple製品のひとつとしてあげた、MacBook Air 12インチ。

2015年、発売が予想されているApple製品
アップル信者のつもりはないんだけど、僕の身の回りにはApple製品が多い。 使いやすいうえに、デザインもイイしね。 去年に引き続...
今回、MacBook Air 12インチの新しい情報が、9to5 Macからリークされた。

スポンサーリンク

サイズは当然、新設計

現行の11インチモデルより、タテは6mm長くなり、ヨコは6mm狭くなるという。
ディスプレイが12.2、もしくは12.9インチと大きくなっても、iPad Airのようにベゼルが細くなることで、大きさは現行11インチモデルとほぼ同等になるみたいだ。

ただ、幅が狭くなることにより、キーボードサイズも現行11インチモデルより狭くなっていて、ファンクションキーも一部変更されているという。
トラックパッドも、幅は変わらないがタテ方向に伸びていて、以前から一部で噂されていたとおり、クリック機能がなくなるということだ。

外部接続ポートが、大幅に削除

現行MacBook Air 11インチモデルには、MagSafe電源ポート、Thunderboltポート、イヤホンジャック、 USB 3.0ポート2基がある(13インチモデルには、SDXCカードスロットもある)。

しかし、今回リークされた12インチモデルには、左側面にUSB Type-Cポート、右側面にはイヤホンジャックと、2つの外部接続ポートしかない。
USB Type-Cポートは、充電用にも使えるリバーシブルUSB規格ということなので、この1ヶ所で充電と外部ストレージを兼用するということだろう。

まとめ

今回ディスプレイの大型化以上に驚かせられたのが、外部接続ポートの大幅な削除だ。
予想外の潔さに、ビックリした人も多いだろう。
しかし、個人的には今回のデザインは大賛成だ。

MacBook Airが発売された時も、ディスクドライブがないことを不安視する声が多かった。
それが今やMacBook Proにもディスクドライブは搭載されていないし、同コンセプトの他社製のPCにも搭載されていないことがスタンダードになっている。
僕自身、それまで使っていたPCがVAIO C1やPなどだったので、ディスクドライブは搭載されていことには慣れていたから、まったく不便は感じなかった。

外部ストレージも最近はクラウドが主流になり、プリンターなどの周辺機器の接続もUSBからWi-Fiに移行しつつある。
今後はUSBポートさえ不要になってくるかも知れない…

もともとシンプルなデザインのMacが、より機能が研ぎ澄まされミニマルになっていくことを、僕は歓迎したい。

まぁ、これがそのまま実現されるかどうかは分からないけどね。
てか今のところ、僕自身購入する予定はありません。
今使っている、MacBook Air 11inch 2013モデルが気に入ってるんで…

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ