LIFE PACKING2.1で紹介された、超小型Androidスマートフォン「Micro X S240」


LIFE PACKING2.1で高城剛氏が紹介していた、超小型Androidスマートフォン「Micro X S240」。
面白そうなので、少し調べてみた。

スポンサーリンク

Micro X S240スペック

    OS:AndroidAndroid 4.4 Kit Kat
    CPU:Mediatek MT6572M デュアルコア 1.0GHz
    メモリ:512MB
    ストレージ:4GB
    ディスプレイ:2.4インチ 240×432ドット TFT液晶
    バッテリー:650mAh
    アウトカメラ:200万画素
    インカメラ:30万画素
    サイズ:約89×47×11.6mm 約52g
    その他:Wi-Fi(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth4.0、GPS、FMラジオ、microSDカード(最大32GB)

超小型Androidスマートフォン Micro X S240

特徴はなんといっても大きさ。
今となっては小型スマートフォンの代表になったiPhone SEの約半分の大きさしかない。
厚みこそあるが、まさにクレジットカードサイズだ。

RAMが512MBしかないものの、AndroidAndroid 4.4 Kit Katが動いているので、通話やメール、SNSなど、最低限の実用性はありそうだ。

ただしディスプレイが小さいので、ソフトウェアキーボードの使用感には期待できそうもない。
長文のメールを作成するのはもちろん、通話発信時に電話番号を打つのも一苦労しそうだ。

ディフォルトで日本語にも対応しているようだが、技適は通っていないようなので使用は自己責任で。

まとめ

以前ご紹介したOukitel K10000といい、高城氏はほんとうに面白いガジェットを紹介してくれる。

sankou高城剛氏が驚いたAndroid端末、Oukitel K10000

ただOukitel K10000はモバイルバッテリーとしても使える利点はあるものの、Micro X S240ほどういう使い方ができるのだろうか。
メイン機としては非力すぎるし、サブ機にしても他に実用的な機種は他にいくらでもあるだろう。
となるとMicro X S240はコレクションとして趣味程度の端末になるしかなさそうに思える。

実際、高城氏はどういう使い方をしているのだろうか…

なんと保護フィルムも発売されている!

さすがPDA工房!

sankou僕が買ったLUMIX CM10用アクセサリーのご紹介

スポンサーリンク
関連するコンテンツ