Appleと真っ向勝負!? Microsoftの新型パソコン「Surface Book」「Surface Studio」発表!


Microsoftは2016年10月26日(現地時間)、“Microsoft Windows 10 Event”で、強化新型「Surface Book」と液晶一体型のデスクトップパソコン「Surface Studio」を発表した。

スポンサーリンク

Surface Book


Surfaceシリーズのノートパソコンハイエンドモデル、「Surface Book」がデザインはそのままにスペックアップされた。

GPUがGeForce GTX 965Mに変更され、2倍の性能に強化。
バッテリ容量も30%アップで、16時間のバッテリ駆動が可能となった。
それに伴い、ファンを2基に増やし冷却性能を向上させている。
ただ、そのおかげで筐体サイズは変わらないものの、重量は1,647gと約70g重くなっている(GPU搭載モデル)。

発売は11月10日で、米国ではすでに予約が始まっている。

Surface Studio


Surfaceシリーズとしては初となるデスクトップパソコン。

28型のディスプレイは“PixelSense Display”と呼ばれ、4Kより約63%画素数が多い4,500×3,000ドットで約1,350万画素の高解像度だ。
しかもタッチスクリーンなので、ペン入力にも対応している。

ディスプレイのヒンジは“ゼログラビティヒンジ”と呼ばれ、指1本で角度を変えることができる。
角度は最高で20°まで倒すことが可能で、デスク上で直接ディスプレイに書き込むことも可能だ。

さらに特筆すべきは、無線デバイス「Surface Dial」。
ダイヤルで角度調整やズームイン・ズームアウト、ディスプレイに設置することで専用のUIが表示され、ペン入力時もペン先をディスプレイから離すことなくカラーの変更などが可能になる。
クリエーターの使用を想定し、重点をおいているようだ。

そのデザインから、AppleのiMacをライバル視していることが容易に想像できる。
ディスプレイ解像度こそ5KのiMacにおよばないが、タッチスクリーンでほぼ平面で使えること、そして何よりも「Surface Dial」はアドバンテージは高い。

発売は12月15日で、米国ではすでに予約が始まっている。

まとめ

本日(現地時間、2016年10月27日)はAppleの新製品発表会がある。
新型MacBook AirやProなどの発表が予想されている。
新型iMacの発表も噂されている。

1日違いでMicrosoftとApple、ライバル機の発表が重なったことは、とても興味深い。

状況が許す限りAppleの新製品発表会はリアルタイムで視聴し、速報をお知らせしたいと思っている。

sankou【速報】Microsoft Windows10 新製品発表会 2015

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ