ミニマリストのボトムス、最適本数は?【Part2】 内容を見直してみた

minimalist_-bottoms_a
以前、ボトムスの最適本数を3本とし、その内容を決めてみた。

ミニマリストのボトムス、最適本数は? とりあえずこの3本に絞ってみた
Levis 501 以前ブログでもご紹介したとおり、デニムパンツといえばこの一本、定番の一着だ。 数年前にリファインされて腰回り...
間もなく半年、その内容が一部変更されているので、再び記しておきたい。

スポンサーリンク

Denime Slim STR BLK

minimalist_-bottoms_d前回はLevisのド定番、501を選んでいたんだけど、トップスとのバランス、シルエットの美しさから、結局これに戻ってしまった。

浅い股上と肌に密着する様なシルエットと、穿き込んで自分の形に色落ちしたXX生地は、やっぱり捨てがたい。

501の男っぽい骨太のシルエットは、チビで華奢な僕には穿きこなせないのかな…

だけど、Denimeに戻った理由はそれだけではない…

ゴツイ財布やウォレットチェーンを使っていたため、ボロボロに破れてしまった後ポケットを張り替えたり、
minimalist_-bottoms_b

前ポケットに入れているiPhoneの角が擦れて薄くなった生地を、叩いて補強したり、
minimalist_-bottoms_c

自分でリペア・カスタマイズしてるんで愛着もある。
やっぱ定番の魅力より、愛着のほうが強いんだね。

3年以上穿いているデニムパンツ、これからも補修しながら大切に穿いて行きたいと思う。

同じタイプのブルーデニムもある。

今シーズンの新作、股上を少し深くし、ボタンフライに変更したモデルもオススメだ。

Dickies TCツイルスリムチノパンツ

minimalist_-bottoms_f前回、ブラックとヘザーグレーの2本を選んだんだけど、今回はヘザーグレー1本に絞った。

ヘザーグレーは、チョットあらたまった商談の時や、知人の結婚パーティーの2次会など、ジャケットスタイルのボトムスとして、とても活躍してくれた。

一方、ブラックは意外と活躍の場がなかった。
ジャケットが黒いため、生地違いの同色のパンツを合わせるのは少し変だし、カジュアルにも黒一色は表情が出ず、コーディネートしにくかった。

結局ほとんど活躍することなく、リストラ候補になってしまった。

BASECONTROL メイドインジャパン吊裏毛パンツ

minimalist_-bottoms_eDickiesのブラックに変わってラインナップに入ったのが、BASECONTROL(ベースコントロール)のスエットパンツだ。

特徴は、何といってもスキニーパンツのような細いシルエット。
フラットシーマーを使用しているので、細くても縫い目が気にならず、履き心地もイイ。

日本製の吊り裏毛を使用しているので、生地はヘビーで洗濯を繰り返してもヘタりそうもないし、スエットパンツにありがちな、野暮ったさがない。

また、裾が一般のスエットパンツのようにゴムやリブで絞られていないので、スニーカーはもちろんブーツなどでも合わせることができる。
トレーニングウェアや部屋着としてだけではなく、ふつうの外出着としても活用できるのだ。

遠距離への出張や旅行、特に10時間単位の飛行機での移動には最適ではないかな。
機内でジーンズを穿いたまま、長時間座っているのは苦しいからね…
これとBURTON スリーパーフーディーがあれば、長距離のフライトもかなり楽になりそうだね。

バートン スリーパーフーディーは機能性抜群で、ふだん使いとしても活躍しそうだ
先日、大量の靴と服を処分した。 衣類がかなり減ったのと、下取りに出したため若干の臨時収入があったので、以前から買おうかどうか迷って...
もちろん両方とも、ふだん着としても活躍中だ。

まとめ

この3本にGRAMICCIのショートパンツを加えた計4本を、当面のボトムスの最適本数としたい。

夏はやっぱり短パンだよね! GRAMICCI ショートパンツを穿く
年を取ると、ショートパンツを履くことに、抵抗を感じる。 いい年して… などと思われているのではないか、と考えてしまう。 もちろん、そ...
しばらくこれで様子を見て、不要分は処分するんだけど、今回は実績のあるものばかりなんで、これで決まりそうだ…

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ