イケダハヤトってミニマリストだったの!? ミニマリストの先には何があるのか?

wharfedale10
最近、ミニマリストに関する投稿をしていなかった。
だからといって、ミニマリストを目指すのや~めた、というわけではない。

先日も、スキャンするつもりで遅々として進まないパッキン詰めした本を、半分くらい処分した。
もともとの量が全然違うんで単純に比べられないけど、高城剛も90%までは一気に処分できたのに、残りの9%を処分するのに2年かかった、と言ってるから、まぁそんなもんだろう。

だから、今でもミニマリスト系のサイトは時々見る。
新しい記事がないかと、検索してみたりもする。

それで見つけたのが、イケダハヤトのサイトだ。

スポンサーリンク

イケダハヤトのミニマリスト論

僕はイケダハヤトの良い読者じゃないので、氏のことは詳しくない。
時折サイトが炎上し、ネット上で激しく叩かれているのを、たまに見るくらいだ。

それでもまったく怯んだ様子はないんで、シバターみたいに見るからにタフな人なんだろうと思っていたら、メガネをかけた優男で、初老に近づいている僕でもケンカで勝てそうだ。
実は蟷螂拳の使い手で、僕なんか瞬殺されてしまうかも知れないけど…

そんなイケダハヤトが、ミニマリストについて書いている。

「ミニマリスト」は一過性の流行で終わるのか?その未来を考えてみる 「まだ東京で消耗してるの?」

内容的には共感できる部分も、チョット違うなと思う部分もある。

例えば、都会にいると欲望が去勢される、って書いてるけど、僕が物欲に支配されていたのは、都会のド真ん中に住んでいる時だ。
むしろ都会のほうが、モノや欲望にまみれているような気がするな…

一番気になったのが、

ミニマリストの人たちはすぐに飽きますよ。もっと何かを「表現」したくなるはずです。すっからかんになって、そこに何を描き込むのでしょう。どのようなフィールドを選ぶかは人それぞれですが、ぜひ多くの方に、地方で創造性を爆発させてほしいと願っています。

という部分だ。

すぐに飽きるとか、地方に住むかどうかは別にして、ミニマリストになって何をするのか、どうなるのか、その先に何があるのかなんて、考えたことなかったな…

まぁ、ミニマリストを目指してはいても、それが最終目標というわけではないんだけど…
ただ、それが何かに繋がっていけば素晴らしいことなんだろうな、とは思う。

まとめ

てか、イケダハヤトってミニマリストだったの!?

[文中敬称略]


こちらの投稿もいかがですか

もしかしてホリエモンって、ミニマリストだったの !?
ホリエモンこと堀江貴文氏といえば、元ライブドア社長だ。 全盛期は時代の寵児と呼ばれ、放送局やプロ野球球団の買収などを画策し、世間を騒が...
http://re-cyberrat.info/non_minimalist_takashiro

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ