次期iPhoneが未だに決まらないので、一応Android端末への移行も検討してみる


5sから乗り換える予定の次期iPhone。
SEと7を検討中なのだが、未だ決断できていない。

巨大シャッター音問題から、一時は海外版7にしようと思ったのだが、Apple Payの影響で海外版7は日本の技適を通過していないらしい。
海外版の7を国内で日常的に使うと、電波法違反ということになる。

そんなわけで海外版SEにしようと思っていたら、今度はiOSのアップデートでスクリーンショットのシャッター音は、国内版7でもミュートできる可能性が出てきた。
そうなると写真撮影は無音(静音)カメラを使えば国内版でも問題がなくなってくる。

sankou手ブレ補正機能も付いた「シンプル無音カメラ」は、無音カメラアプリの決定版か!?

国内Apple Payも使えるし、海外版より価格も安い。
もしかしたら、将来的にはシャッター音も消せる可能性もあるかもしれないし(希望的観測)…

などと考えていると面倒になり、思い切ってAndroidに移行することも検討してみた。

スポンサーリンク

第一候補はMoto G4 Plus

とにかくAndroidは機種が多く、選択に困る。
Nexus 5を使っていた僕としては、Pixelを第一候補にしたいところだけど、未だ国内販売は発表されていない。
海外版では、これも技適通過していな可能性もある。

そんな中、候補にあがってきたのが、モトローラーのMoto G4 Plusだ。

Moto G4 Plus

スペック

    OS:Android 6.0.1
    CPU:Qualcomm Snapdragon 617 オクタコア 1.5 GHz
    RAM:2GB
    ROM:32GB
    ディスプレイ:5.5インチ 1920×1080(Full-HD)401ppi
    バッテリー:3000mAh
    アウトカメラ:1600万画素
    インカメラ:500万画素
    サイズ:153×76.6×9.8mm 155g
    カラー:ブラック・ホワイト

特徴

  • 国内技適通過済み!
    国内正規代理店のモトローラ・ジャパンが販売するので、当然国内技適を取得した端末なので安心して使える。
  • 安い!
    価格は35,000円前後。
    iPhone 7の半額だ。
  • デュアル SIM!
    4Gと3Gになるが、2回線同時待ち受けが可能。
    通話し放題回線と大容量データ通信回線の併用もできる。
  • 外部ストレージ使用可能!
    最大128GBのmicroSDカードの使用が可能。
    しかもsimカードと選択式ではなく、デュアル SIMと併用してmicroSDカードも使える。
  • Nougatにアップデート予定!
    現状OSはAndroid 6.0.1 marshmallowだが、2016年第4四半期にはAndroid 7 Nougatへのアップデートが予定されている。
    さすが元Google傘下だ…
  • モトローラー端末!
    今はLenovo傘下になってしまったけど、腐っても鯛(?)、憧れのモトローラ製だ。

まとめ

多くのメーカーが参入しているので、Android端末は次々と新製品がリリースされている。
今話題のZenFone 3(Deluxe)も気になるところではある。

しかし性能と価格のコストパフォーマンス、さらに僕自身の使用範囲ではMoto G4 Plusが最適だ。
デザインも嫌いではないし、何よりも使ったことがないモトローラ製端末を使ってみたいという気持ちもある。

とはいえ、MacとiPad(Mini)を併用すると、やはりAppleのエコシステムは強い…
iCloud経由でデータを、特にブログの下書きでも多用しているメモは、使い慣れていることもあって捨てがたい…

結局、選択肢が増えたことで、よけい悩む結果になったかも…

 

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ