久しぶりに服を購入! 無印良品の透湿撥水加工フードブルゾンを買った

透湿撥水加工フードブルゾン最近、服を買っていない。
かつては毎月、2〜3点は買っていたんだけど…
最後に買ったのは、バートンのスリーパーフーディーだったかな…

【参考】バートン スリーパーフーディーは機能性抜群で、ふだん使いとしても活躍しそうだ

それでも春先に軽く羽織れるジャケットが欲しいなぁ、と思っていたら、コレを見つけて買った。

無印良品の透湿撥水加工フードブルゾンだ。

スポンサーリンク

透湿撥水加工フードブルゾン

フロントは、二重の比翼仕立てになっていて、ジッパーの隙間からも風を通すことはない。
透湿撥水加工フードブルゾン_a

テブラリスト(手ぶらで活動する人)の味方、内ポケットが左右にある。
透湿撥水加工フードブルゾン_b

裾とフードには、コードストッパーが付属していて、絞り込めば風雨の侵入を抑えることができる。
透湿撥水加工フードブルゾン_f

脇のにはベンチレーション用の穴があり、通気性を高めている。
透湿撥水加工フードブルゾン_d

縫製部分はすべて、袋縫い、パイピングが施されていて、堅牢性を高めているとともに、風雨の侵入も抑えられている。
透湿撥水加工フードブルゾン_e

透湿撥水加工フードブルゾン_h商品タグには「内側は湿気を外に逃がし蒸れにくく、表側は撥水機能を持たせた生地を使用し、汎用性の高いブルゾンを作りました。」とある。

素材はポリエステル100%、中層にポリウレタン樹脂使用とあるので、これが撥水機能を発揮しているのだろう。

完全な防水性はないだろうが、多少の雨雪は凌げそうだ。

まとめ

造りは、ノースフェイスやパタゴニアなどのアウトドアウェアに準じている。
性能はどこまでのものかは、使ってみないと分からないが、タウン用としては充分ではないかな。

何しろ値段は有名アウトドアウェアの、10分の1、とまではいかないけど5〜4分の1くらいだ。
コストパフォーマンスは高い。

また、この下にインナーダウンを着れば、春先だけではなく真冬でも着れそうだ。
そういう意味では、汎用性も高い。

何よりも有名アウトドアウェアのように、これ見よがしにブランドネームが表にプリントされていないところが良い。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ