iOS9に搭載されるというマルチタスク機能は、iPadをMacに近づけるのか!?

file2811310649672
WWDC2015で発表されたOS X El CapitanとiOS9、watchOS 2。

僕はYosemiteの評判が良くなかったから、いまだにMacはMavericksを使っているので、El Capitanも当面は様子見だ。
Apple Watchも、まだ手に入れていないので、watchOS 2もさしあたっては関係ない。

だから気になるのはiOS9だけなんだけど、特にiPad使いの僕は新機能マルチタスクに注目している。

かねてからiPadに実装して欲しい機能ではあったので、現時点での実用性を検証してみよう。

スポンサーリンク

iOS9におけるマルチタスク機能

iPadでのマルチタスク機能は、大きく別けて「Slide Over」「Split View」「Picture in Picture」の3つ。

Slide Over

Multitasking_a
その名のとおり、全画面で開いたアプリの上に、別アプリを横から引き出して重ねるように起動するという機能。
背面のアプリは閉じることはないものの、操作できるのは上になっているアプリのみ、ということだ。

ウェブサイトからメモをとるなど、一部の使い方に限定されそうだ。

どこまでのアプリがこの機能に対応しているかは、現時点では不明。

Split View

Multitasking_b
こちらが本来のマルチタスク機能。

ふたつのアプリは重なることなく、大きさも1:1や1:2など任意の比率に調整できる。
また、どちらのアプリもアクティブで、並行して操作することが可能だ。

この機能が使えれば、ウェブサイトで資料を確認しながら、ブログを書くなどの作業ができて非常に便利。

ただし、この機能が使えるのは、現状iPad Air2のみだ…

Picture in Picture

Multitasking_c
動画再生中にホームボタンを押すと映像が縮小し、他のアプリを起動することができる。

例えば、YouTube視聴中にメールを受信した場合、YouTubeの再生を中断することなくメールの内容を確認することが可能。

ただし、どこまでの動画配信サイトが対応しているのかは不明だ。
個人的にはHuluは対応して欲しい…

iOSはすでにマルチタスクだった!?

実は “マルチタスク” という意味においては、すでにiOSはと対応していたといえる。

iPhoneやiPadなどのホームボタンをダブルクリックすると、バックグラウンドで起動しているアプリが表示される。
これをスライドして目的のアプリをクリックすると、切り替えることができる。
Multitasking_e

また、[設定]→[一般]→[マルチタスク用ジェスチャ]をオンにすると、4本指のスワイプでアプリを切り替えられる。
Multitasking_d
すでに “マルチタスク” という文言が使用されている。

だから今回の機能は、“マルチウィンドウ” と表現したほうが、分かりやすいのかも知れない。

まとめ

iOS9はiPhone 4siPod Touch 5iPad 2以降のモデルに対応しているが、マルチタスク機能が使えるのはiPad AiriPad mini2以降。
さらに、本来の意味での “マルチタスク” である「Split View」に対応しているのは、iPad Air2だけだ。

iPad Air2を持たない僕は非常に残念ではあるが、今後のアップデート、iOS9.1や9.2、あるいはiOS10での対応に期待したい。
ただ、それを差し引いても、個人的には劇的進化だと思っている。

iOS9のこの機能は、12インチのiPad Pro(?)を見据えたものとの噂もある。
iPad使いの僕としては、そのあたりも期待している。

これで、また一歩iPadはMacに近づいた、といっても差つかえはないだろう。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ