村上龍の小説は、なぜKindle化されないのか!?

村上龍と村上春樹、年齢も近く(春樹のほうが3歳上)、どちらも群像新人文学賞でデビューしている(龍のほうが3年早い)ので、一時期はふたり合わせて“両村上”や“ダブル村上”と呼称されていることもあった。

そんなふたりだが、春樹の著作は小説も含め少しづつKindle化されているのに対し、龍の著作はエッセイの「すべての男は消耗品である」以外Kindle化されていない。

sankouついに悲願が叶う! 村上春樹 初期3部作「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」がKindle化に!

スポンサーリンク

電子書籍化されていないわけではない

村上龍は本の電子書籍化に反対の立場であるのか、というと、そんなわけではない。
むしろ逆で、自分で電子書籍の会社を立ち上げてしまうほどだ。

その電子書籍会社、株式会社G2010(ジーニーゼロイチゼロ)のウェブサイトの会社紹介ページには、彼のこんな言葉が記されている。

2010年2月、故スティーブ・ジョブズ氏が、「iPad」という画期的なデバイスのプレゼンテーションを行った。 その映像を見たとき、わたしはちょうど『歌うクジラ』という長編小説を脱稿したばかりで、稲妻に打たれたような衝撃を味わった。 「このiPadで君の新しい小説を発表したら?」ジョブズ氏がそう言っているような気がしたのだ。

その結果、「歌うクジラ」は紙の本として出版される前に、iOSアプリとしてリリースされることになった。

utaukujira村上龍 歌うクジラ – G2010 Co.,Ltd.

電子版「歌うクジラ」は開く(起動する)と坂本龍一の音楽が流れ、篠原潤の表紙や挿絵はアニメーションになっているという、今見ても画期的なものであった。
この村上龍初の電子書籍(?)の凝りようからも、彼が電子書籍反対派どころか超推進派であることが分かる。

その後、処女作である「限りなく透明に近いブルー」がアプリ化された以降は、日本でもストアが始まったiBooksで次々と電子書籍化されている。

なぜKindleではないのか

ではなぜ、KindleではなくiBooksなのだろうか。

ひとつには、村上龍が自らの著書の電子書籍化に動きだした時点では、まだKindleが日本語に対応していなかったことがあるかもしれない。

しかし一番の理由は、先に引用した彼自身の言葉にもあるように、彼がAppleユーザーであることではないかと思う。
彼はやはり、iPadで自著を読めるようにしたかったのではなかったか(今となってはKindleアプリを使えばiPadでも読めるんだけど…)。

彼がApple製品にどれだけ思い入れがあるかは、以下の動画を見ても分かる。


ちなみにこの「村上龍RVR龍言飛語」は、まだ今ほどYouTubeが一般的でなく、当然YouTuber(ユーチューバー)などという言葉がない時代から、彼が動画メディアを使って時事問題や社会問題、芥川賞の選考過程などを語るという画期的なものだった。
僕が頻繁にYouTubeを見るきっかけになったものでもある。
もう何年も更新されていないのが、ほんとうに残念だ…

電子書籍といい動画メディアといい、村上龍は常に時代の一歩も二歩も先を行ってるのかもしれない(少し先に行きすぎかも…)。

まとめ

そんなわけで、村上龍の小説もiBooksを使って電子書籍で読めることが分かった。

ただ問題は、iPhoneやiPadなどApple製品でないと読めないということ。
Android端末やKindle端末で彼の小説を読むことはできない(自炊すれば読めるけど…)。

Appleに対するこだわりは分かるけど、そろそろKindle化して欲しいな…

☆ ☆ ☆

個人的に村上龍でオススメは「希望の国のエクソダス」。

小池百合子東京都知事が先日(2016/10/30)、小池塾の冒頭で言った “東京には、日本には、ありとあらゆるものがあります。しかしそこに、ひとつ足りないもの、それは希望ではないでしょうか” は、この作品の一節 “この国には何でもある。だが、希望だけがない。” の引用だ。

ヒキコモリの中学生がインターネットを駆使して独立国家を創るというこの物語は、18年前に書き始められたとは思えないほど、現在の社会を活写している。
今だからこそ読み返したい作品だ。

そういえば宇多田ヒカルもこの作品のファンで、全米デビューアルバムのタイトルが「EXODUS」だった。

それくらいファンが多い作品ということだ。

kibounokuninoexodus希望の国のエクソダス – 村上龍

同じ主人公で、今度は老人問題をテーマにした(?)続編もある。

これはもうすぐ、文庫化されるかも…

[文中敬称略]

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ