やっぱハードはMicrosoftがカッコイイ!! 新型「Surface Pro」登場!【追記あり】


2017年5月23日、米Microsoftは上海で開催されている発表会で新型「Surface Pro」を発表した。
Surface Pro 4の後継機ではあるが、名称はSurface Pro 5ではなくナンバーリングがない「The New Surface Pro(新しいSurface Pro)」となった。

スポンサーリンク

新型「Surface Pro」

スペック

  • OS:Windows 10
  • CPU:Core m3/i5/i7
  • ROM:128/256/512GB・1TB SSD
  • RAM:4/8/16GB
  • ディスプレイ:12.3インチ(2736×1824)267ppi PixelSense搭載
  • アウトカメラ:800万画素
  • インカメラ:500万画素
  • 外部端子:USB3.0、microSDスロット、mini DisplayPort、3.5mmオーディオ端子
  • サイズ:292×201×8.5mm 768g〜

特徴

基本的なデザインはSurface Pro 4と同じに見えるが、Microsoftによるとミリ単位で修正がかけられているという。
バッテリーは最大13.5時間し、Core m3とi5は冷却用ファン非搭載で、i7もファンの騒音を最大18デシベルに抑え静音性も図られている。

LTEモデムも搭載可能になっており、2017年後半にはリリースされる予定になっている。

米国での発売は2017年6月15日で、価格は799ドル(約89,000円)から。
現時点で日本国内での販売は未定…

【追記】

日本でも6月15日発売が決定した。
現在予約受け付け中だ!

周辺機器

カバー兼キーボードの「Surface Pro Signature Type Cover」と、新型のペンデバイス「Surface Pen」。
それぞれブルゴーニュ・プラチナ・コバルトブルー・ブラックの4色。

「Surface Pro Signature Type Cover」のブラック以外は、アルカンターラ素材を採用。
「Surface Pen」は、4096段階の筆圧検知とチルト検知に対応。

また「Surface Studio」と同時にリリースされた無線デバイス、「Surface Dial」にも対応している。

まとめ

性能的には順当進化といって良いだろう。
ただ最近のディフォルト端子ともいえるUSB Type-Cがひとつも採用されていないことは、何かこだわりがあるのだろうか。
スマートフォンやタブレットでもUSB Type-C採用の端末が増えているし、モバイルを考えるとケーブル類は共有できる方が助かる。
LTE搭載モデルも予定されていることもあるので、充電もUSB Type-Cで、できればモバイルバッテリーが使用できるようになれば、よりモバイル性能が高まりそうだ。

僕自身Microsoftのハードは好きなので、Surfaceシリーズ登場以来気にはなっているのだが、未だ購入には至っていない。

これはカッコイイぞ!「Surface マウス」と「Surface キーボード」発売!!

iPhoneやiPadを使っているので、親和性からもMacから離れがたいというのもある。
しかし何よりもOS、WindowsのUIに馴染めないというところが大きい。
MacでいうBootCampのようなシステムで、SurfaceでもmacOSが動けばイイんだけど…

スポンサーリンク