Apple製品なら何でもイイ! というわけではない…

Apple logo
iPhone・iPad・Mac…
僕はApple製品が好きで、ガジェット類はApple製品を中心に使っている。
エコシステムに囚われているだけでなく、機能性やデザインが好きだからだ。

sankou僕がApple製品を使う3つの理由

しかし、Apple製品ならば何でも良い、というわけではない。
僕が購入しなかった、今後も購入する予定がない製品もある…

スポンサーリンク

Apple TV

appletv2
10年前から発売されている製品だが、一度も購入を検討したことがない。

Apple TVの主な機能は、NetflixやHulu、YouTubeなどインターネット動画ストリーミングサービス、ゲームなどを家庭用テレビで楽しむことができること。
しかしそのほとんどは、iPhoneやiPadでもできることが購入しない理由だ。

しかもほぼ同等の機能を持ち、外部ストレージ(最大200GBまでのmicroSDカード)が使えるAmazonのFire TVの方がコストパフォーマンスは高い(定期的にPrime会員向けに割引販売もしているしね…)。

sankou徹底比較! Apple TV vs Amazon Fire TV

さらに、今後Amazonの音声認識サービスAlexa(アレクサ)が日本語対応された時のことを考えると、IOT関連はAmazonに統一しておいた方が汎用性も高く、将来性もありそうだ。

Apple Watch

AppleWatch
何度か購入を検討したことがある。
しかし購入には至らなかった。

腕時計をする習慣がないことが理由のひとつではあるが、それより何に使うのかよく分からないことが一番の理由だ。
電話やメール、LINEなどの着信を知ることができるが、返答・返信にはiPhone本体が必要。

iPhoneのヘルスケアアプリと連携し、ライフログをとることも重要な機能のひとつではあるようだけど、それなら高城氏愛用のMisfit Rayで充分だ。

sankou高城剛氏が愛用のウェアラブル端末「Misfit Ray」

Apple Watchにsimカードが搭載され、単独でiPhoneと同等に近い機能が使えるようになれば購入を検討しよう。

AirPods

airpods
発表時はそのデザインから、いろいろと揶揄されていたが、実際使用された方は概ねその機能に満足されているようだ。
確かにW1チップ搭載でiPhoneとワンタッチでペアリングできるなど、さすがのApple純正だ。

特にイヤホンジャックを廃止したiPhone 7/7Plusには必需品といって良いかもしれない。
価格も決して安価ではないが、機能性を考慮すれば妥当といって良いだろう。

しかしあのデザインは、どうしても好きになれない。
あの不評だったSmart Battery Caseのデザインを認める僕でも、これは好きになれない…

それなら発売が延期されている、同じくW1チップ搭載でAirPodsと同等の機能が予想されるBeatsXの方が良さそうだ。
BeatsXが発売され、ひととおりのレビューを確認してから、Bose QuietControl 30とどちらにするか検討しよう。

まとめ

これはあくまで僕の個人的な見解であり、これらの製品のユーザーを侮蔑・中傷するものではないことをお断りしておく。
ただApple好きの僕でも、ただ無条件にApple製品を購入しているわけではないということだ。

特に最近は、Amazonの廉価でそこそこ使えるガジェット類に注目している。
Alexaが日本語対応されれば、日本にも本格的にIOTの時代が来るかもしれない。

その波にAppleが乗り遅れないことを期待したい…

スポンサーリンク
関連コンテンツ