携帯電話キャリアを解約する【MVNO化作戦 その1】

operation_MVNO_1
僕が最初に携帯電話を買ったのは、今はなきTU-KAだ。
その後、VAIO使いだった僕は、VAIOカラーのSONY SO502iWMが発売されたので、docomoに乗り換えた。
さらにiPhoneが発売されると、SoftBankとも契約し、しばらくはdocomoと合わせて2回線を使っていた。
やがてdocomoを解約し、この1年はSoftBank1本だった…

TU-KAは後にKDDIに統合されたので、結果的に僕は3大キャリアを渡り歩いていたことになる。

そんな僕だが、ついに3大キャリアを解約し、MVNO(格安SIM)に乗りかえることにした。
今月は契約更新月だし、そのために購入したsimフリーのiPhone5sだ。
http://re-cyberrat.info/post-7644

スポンサーリンク

SoftBankからMNP予約番号を取得する

電話番号はそのまま使いたいので(変更を知らせるのが面倒…)、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)予約番号を取得することにした。
MNP予約番号があれば、キャリアが変わっても電話番号をそのまま継続して使うことができる(IIJmioの場合、他社は要確認)。

SoftBankの場合、方法は2つ。
電話か、直接店舗に行くかだ。
店舗に行くのも面倒なので、僕は電話で手続きすることにした。

ソフトバンクから他社へ変更する場合

最初は自動応答で、電話番号や暗証番号を打ち込むと、係が出るとのアナウンス。
例によって、ここからが長い。
混み合ってるから、そのまま待つかかけ直してくださいとのアナウンスが延々10分続いたあと、やっと係員が出る。
簡単な本人確認と、解約の理由を尋ねられ(僕はMVNOに乗り換えると正直に答えた)終了。

MNP予約番号は、しばらくしてSMSで契約番号に送られてきた。

まとめ

予想していたこととはいえ、とにかく電話が繋がるまでの時間が長い。
僕は最初から覚悟を決め、繋がるまで諦めるつもりはなかったんだけど。

こんなのパソコンやスマホで簡単に手続きできるようにすればイイのにね。
まぁ簡単に流出されても困るんだろうけど…

それなら継続契約すれば、料金がだんだん安くなるとかすればイイのに。
そしたら、特別な理由がない限り、他キャリアに移る人も少なくなると思うけどな…

どっちにしろ、MNPで新規契約する人が優遇されるシステムがあるかぎり、1社と継続契約する意味はないよね。
まぁコレは、SoftBankだけに限ったことではないんだけど…


こちらの投稿もいかがですか

僕がIIJmioを選んだ理由【MVNO化作戦 その2】
ブームというわけでもないんだろうけど、最近はMVNOサービスが乱立している。 OCNや日本通信などの老舗(?)から、DMMや楽天などの...
IIJmioの契約手続き【MVNO化作戦 その3】
MVNOの契約は、一部の例外を除き、基本的にはウェブで行うことになる。 僕が契約するIIJmioも、専用のサイトから行う。 契約手続...
http://re-cyberrat.info/operation_mvno_4

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ