僕がIIJmioを選んだ理由【MVNO化作戦 その2】

operation_MVNO_1
ブームというわけでもないんだろうけど、最近はMVNOサービスが乱立している。
OCNや日本通信などの老舗(?)から、DMMや楽天などのウェブサービス会社まで、どこを選べば良いのか迷ってしまう。

そんな中で僕が選んだのは、IIJmioだ。

スポンサーリンク

IIJmioを選んだ理由

① データ量をクーポンで管理できる

データ量の管理はクーポン制になっていて、プランごとに量が決められている。
使いきった場合は、必要に応じてクーポンを追加購入することができる。

② 余ったデータ量を翌月に繰り越すことができる

その月に使いきらなかったクーポンは、翌月まで繰り越すことができる。

③ 契約途中でもプランの変更が可能

しばらく使ってみてデータ使用量に不安があれば、月ごとにプランの変更ができる。
最も頭を悩ませるところなので、これはうれしい。

④ 専用アプリを使って高速通信をオン/オフできる

必要と状況に応じて高速通信をオン/オフできるので、通信量を効率よく使うことができる。

⑤ 低速通信時でも快適機能

低速通信時でも、はじめの数秒間だけ高速通信できる「バースト転送」という機能があるので、読み込んでしまえばウェブサイトやSNSのタイムラインなども快適に閲覧できる。

⑥ 4月1日からサービス仕様が改定される!

4月1日から月のデータ使用量が、2GBは3GBに、4GBと7GBもそれぞれ5GBと10GBに増量される。

僕が選んだプラン

IIJmioには大きく別けて3つのプランがある(2015/3/25現在・金額はすべて税抜)。
IIJmio_planlist

仕事でも使うため、通話機能は欲しい。
最近はSMARTalkや050 plusなどの、IP電話サービスも通話品質があがってきたが、やはり安定した通話機能は個人的に必要だ。
電話が必要なければデータ通信専用にしたいところなんでけどね…

現在僕のデータ使用量は、月3〜4GBくらいだ。
それでいくと「ライトスタートプラン」にするところなのだが、「ミニマムスタートプラン」を選んだ。

理由はもちろん、4月1日から月のデータ使用量が増量されるからだ。

足らない場合が出てくる可能性があるが、
① 使えるところでは極力Wi-Fiを利用
② 専用アプリを使って、こまめに高速通信をオン/オフ

で対応していきたい。

それでも不足があればクーポンを購入すれば良いし、恒常的に不足するようであればデータ量のプランは変更できる。

通話はなしでSMSのみ使えるサービスもある(SMSが使えるのでLINEの申し込みも可!)

まとめ

僕が選んだ「ミニマムスタートプラン+音声通話」なら、月額1.600円(税抜)になる。
今まで6.000円くらいだったので、差し引き4,000円以上だ。
データ通信専用にすれば、5.000円の差額!

ホント、キャリア契約がバカバカしくなるね…


こちらの投稿もいかがですか

携帯電話キャリアを解約する【MVNO化作戦 その1】
僕が最初に携帯電話を買ったのは、今はなきTU-KAだ。 その後、VAIO使いだった僕は、VAIOカラーのSONY SO502iWMが発...
IIJmioの契約手続き【MVNO化作戦 その3】
MVNOの契約は、一部の例外を除き、基本的にはウェブで行うことになる。 僕が契約するIIJmioも、専用のサイトから行う。 契約手続...
http://re-cyberrat.info/operation_mvno_4

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ