高城剛氏が驚いたAndroid端末、Oukitel K10000


高城剛氏のメールマガジン、高城未来研究所「Future Report」 Vol252によると、Windows10タブレットにも絶望し、“原価率が低い=余った部材で造った”製品を発売しているAppleにも辟易とした高城氏が、最近辿り着いた先がAndroidだという。

バッテリーの持ちの悪さを巨大化することによりカバーし、充電なしで約1週間動作することで、高城氏を感心させたAndroid端末がOukitel K10000だ。

スポンサーリンク

Oukitel K10000スペック

OS:Android 5.1 Lollipop
CPU:MediaTek MTK6735P 1.0GHz Quad-Core
RAM:2GB
ROM:16GB
ディスプレイ:5.5インチ 1280×720 HD
背面カメラ:800万画素
前面カメラ:200万画素
バッテリー:10000mAh!
サイズ:157.7×76.6×13.9mm
重さ:319g

モンスターAndroid Oukitel K10000

最大32GBのmicroSDカードが使えて、デュアルSIMにも対応している。

しかし、Oukitel K10000の最大の特徴は10000mAhのバッテリーだろう。
このバッテリーのおかげで、Oukitel K10000自体が約1週間、充電なしで動作し続けることはもちろん、他の端末を充電することもできる。
付属のOTGケーブルにスイッチが付いていて、切り替えることで逆充電モードになり、モバイルバッテリーとして使えるという。

高城氏によると、これで(新しい)MacBookを充電することも可能らしい。
スマートフォンでノートパソコンを充電できる時代になったことに、高城氏も驚いているようだ。

まとめ

Androidスマートフォンとしては、スペック的には一世代二世代前のものになってしまうが、モバイルバッテリー兼サブ機として使うなら充分といえるかも知れない。

角ばったデザインも、とてもサイバーでガジェットマニア心をくすぐるしね。
大容量バッテリーのせいで、重量があるのは欠点だけど…

それにしても高城氏は、相変わらず面白いものを見つけてくるな…

※Oukitel K10000は、日本の技適を通過していないという情報もあるので、使用の際は確認の上自己責任で!

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ