Outlook for iOS が良さそうなので、さっそくiPad miniにインストールしてみた

Outlook for iOS
米Microsoftは1月29日(現地時間)、iOSおよびAndroid版「Microsoft Outlook」を公開した。
iPad miniで「Office for iOS」を絶賛活用中の僕は、さっそくインストールしてみることにした。

「Office for iPhone(iPad)」がリニューアルされ、App Storeからダウンロード可能、しかも無料

スポンサーリンク

Microsoft Outlookとは

Microsoft Officeの一部として含まれている個人情報管理 (PIM) ソフトウェアである。電子メール機能の他、予定表・連絡先管理・仕事管理・メモなどの機能が実装されている。【Wikipedia】

Outlook for iOS

さっそくダウンロード。

Outlook for iOS_sOutlook for iOS – Microsoft Corporation


起動する。
Outlook for iOS_a

設定画面でメールサービスを選択。
Outlook for iOS_f

今回は、Outlook.comを登録しよう。
Outlook for iOS_k

[はい]をクリックし、アクセスを許可する。
Outlook for iOS_g

複数のアカウントを登録する場合は[別のアカウントを追加]を、それ以外は[簡単なツアーを行う]を選択。
他の選択肢はなさそうだ。
Outlook for iOS_h

ツアー(チュートリアル)が終わると、メール画面が起動する。
Outlook for iOS_n

カレンダー。
Outlook for iOS_o

ファイル。
Outlook for iOS_p

人々? アドレス画面だ。
Outlook for iOS_q

設定画面。
Outlook for iOS_r

良さそうな所

主要メールサービスをサポート

Outlook.com(Hotmail)はもちろん、GmailやYahoomail、iCloudまでサポートしている。
複数のメールサービスを使っていても、このアプリひとつで管理可能だ。

メールの管理が簡単

操作はスマートフォンやタブレットに特化されている。
設定をすればスワイプで、アーカイブや削除、フォルダ移動などの処理ができる。

各種クラウドストレージサービスと連携

MicrosoftののOneDriveと、GoogleDriveやDropboxの連携できる。
クラウドストレージの管理も一元化できる。

気になる所

カレンダーが月表示できない

カレンダが、日表示と週表示しかできない。
月の予定が一覧できる表示はやっぱり欲しいな。

日本語が変

アドレスの「人々」という表示が少しおかしい。
また、空のInboxに書かれている言葉「インボックス・ゼロ!自分を褒めてあげましょう!」や「インボックス・ゼロの第一原則は、不言実行すること!」など、意味不明だ。
まぁ、面白いんだけど…

まとめ

僕は今、iPhoneやiPad miniにプリインストールされているアプリでメールやスケジュールを管理している。
だからメールやスケジュール、アドレスはiCloudで連携されているとはいえ、別アプリだ。

Outlook for iOSを使えば、それらをすべてをひとつのアプリで管理できるのは魅力だ。
DropboxやGoogleDriveも連携できるしね…

ただ、カレンダー表示など多少気になるところもある。
今後のアップデートにも期待しながら、しばらく様子を見て移行を検討しよう。

それにしても、このOutlook for iOSやOffice for iOSなどの高機能アプリを、無料で公開してできるのは、さすがMicrosoftだ。

ここしばらくはAppleやGoogleに水を開けられていたMicrosoftだけど、Windows10の発表も好評だったみたいだし(7以降は無料でアップグレードできる!)、2015年は王者Microsoft復活の年になるかも知れないね。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ