ワイルドで行こう !! Pコートはワークウェアだ!

Pコート
以前このブログでも紹介したダッフルコート。

【参考】今年はダッフルコートが意外と狙い目かも知れない

トラッドやアイビーファッションのアウターで、そのダッフルコートと双璧をなすのがPコートだ。

今回はPコートを見てみよう。

スポンサーリンク

Pコートとは

英海軍や米海軍でも着用していた、厚手ウールのダブルブレスト(前を二枚の生地で重ねてボタンをつけている)で腰丈の外套。
ダブルブレストになっているから、風向きによって左右どちらでも上前にできるようになっている。

コートといっても、スーツやジャケットの上から羽織るというより、シャツやセーターの上に着ることが多い。
そういう意味では、Pジャケットと呼ぶほうが正しいのかも知れない。

Pコートが登場する映像作品

セルピコ

セルピコアル・パチーノ主演の刑事映画。

パチーノといえば「ゴッドファーザー」や「スカーフェイス」など、マフィアやギャングを演じているイメージが強いんだけど、珍しく刑事を演じている。
でも意外とハマっているのは、さすがアル・パチーノだ。

シャンブレーシャツにニット帽は、正統派のPコートコーディネートだ。

さらば冬のかもめ

さらば冬のかもめまたも出ました、ジャック・ニコルソン。

ヤクザな米海軍水兵のニコルソンが相棒と二人で、罪を犯した新兵を刑務所まで護送するお話。
その道中のハチャハチャぶりが楽しい。
ラストがちょっと切ないところもイイ…

水兵役なんでコーディネートは軍式だ。
ニコルソンは裸の上にPコートを着ていたような気もするな。

それにしてもこのブログ、ジャック・ニコルソンの登場回数が多いな。
特別な意味がないことを、改めてお断りしておく。

【参考】ハゲ隠しなんて言わないで… schott ニットキャップを買った

まとめ

海軍の下士官が着用していたくらいだから、Pコートは作業着だ。
潮風や波しぶきを受けるような環境で使われていたに違いない。
だから本来は、きれいめなコーディネートより、タフでワイルドな着こなしのほうが似合うんじゃないかな。

最近はSTUSSYなんかからも出ているから、ストリート系にも受け入れられているアイテムでもある。
スウェットパーカーとキャップなんかに合わせてもイイね。

そんな着こなし、もう僕にはできないけれど…

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ