Amazon Fireで自炊本を読む!電子ビュアーアプリ「Perfect Viewer」の使い方

所有している書籍を順次自炊していたが、Kindle化されたものは買い替えている。
できるだけKindleに統一したほうが、分かりやすいし便利だからだ。

それでも「AKIRA」や「風の谷のナウシカ」などの名作で、Kindle化されていないものも少なくない(ナウシカはアニメより原作マンガの方が圧倒的に面白い!)。

そんな自炊本をFire HD 8で読むために、電子ビュアーアプリを導入した。
「Perfect Viewer」だ。

しかしこのアプリを使うには、多少の手続きが必要だった…

スポンサーリンク

Perfect Viewerは単独で動作しない!?

Perfect Viewerを起動し、自炊本(PDAファイル)を開くため「開く」をタップ。

僕はmicroSDカードに入れているので、ツールバーの[▼]をタップし、プルダウンメニューから[sdcard1]を選択。

自炊本が入っている[Books]を開くが…

入っているはずの自炊本が表示されない…

PDFファイルを開くためプラグインをインストールする

Perfect ViewerでPDFファイルを開くためには、専用のプラグイン「Perfect Viewer PDF Plugin」が必要だ。

Amazonアプリストアで “Perfect Viewer PDF Plugin” を検索しダウンロード。

ダウンロードが終了したら[開く]をタップ。

表面上は何も起こらないが、これでプラグインがインストールされた(はず…)。

Perfect Viewerを再起動し、上記と同じ手順で自炊本が入っている[Books]を開くと表示された。

無事に読むことができた。

本棚を設定する

そのつど自炊本が入っているフォルダを開くのは面倒なので、フォルダを本棚に登録しよう。

Perfect Viewerの[設定]から[本棚]を選択。
まだフォルダが指定されていないので、[フォルダ追加]をタップ。

[+]をタップ。

僕が自炊本を入れているmicroSDカードの[Books]を選択し[OK]をタップ。

本棚に登録され、保存されている自炊本が表示された。

まとめ

本体だけで使えない(プラグインが必要)という多少ややこしいところはあるが、Fireでも軽快に動く使いやすいアプリだ。
その他の細かい設定もできるので、自分に最適化したカスタマイズも可能。

ただ一点気になるのが、Amazonアプリストアでは有料アプリであること。
Amazonアプリストアでは299円で購入する必要があるが、Google Playでは無料でダウンロードできる。
どういう事情があるのかわからないが、値段以上の価値がある優秀なアプリではあるから、300円程度なら寄付と考えれば安いものだ。
それでもどこか釈然としないのは、単純に僕がセコいだけなのかもしれない…

GoogleドライブやDropbox、OneDriveなどから自炊本をストリーミングで読んだり、ダウンロードするためのプラグインもある。

スポンサーリンク