これでさらにiPad miniでのブログ作成がはかどる! Pinpointを導入

pinpoint
僕は、特に外出先でブログを書くのは、iPad miniを使うことが多い。
ブログ作成に特化したアプリもあるので、文章を書くことに困ったことはほとんどないんだけど、画像の処理には少し手間がかかっていた。

しかし、それもiOS上で簡単にできるようになった。
「Pinpoint」だ。

pinpoint_iconPinpoint – Mark Up Screenshots – Lickability

スポンサーリンク

Pinpointの使い方

起動。
pinpoint_a
カメラロールへのアクセスが求められるので許可。

カメラロールから加工したい画像を選択してクリック。
pinpoint_m

開いた画像の上に、作業パレットが表示されている。
pinpoint_n
左から、矢印・枠取り・テキスト・モザイクだ。

矢印。
pinpoint_b
根本から目的に向かって画面を指でなぞれば、矢印が表示される。
長さによって大きさが変化するようだ。

枠取り。
pinpoint_c
指定した範囲に、任意の大きさの枠が取れる。

テキスト。
pinpoint_d
挿入したい位置をタップすれば文字カーソルが現れるので、キーボードで入力。

もちろん日本語表記も可能だ。
pinpoint_g

モザイク。
pinpoint_h
目的の範囲を選択すれば、モザイクをかけられる。

画像を保存する前であれば、矢印などの加工箇所は、ドラッグで場所の移動が可能だ。
また、ダブルタップすれば削除できる。

他のアプリとも連動

pinpoint_i
加工した画像をメールで送信することはもちろん、EvernoteやDropboxに保存することも可能だ。

加工色の変更は有料

矢印やテキストの色を変更することも可能。

画像選択画面で、右上の[◯]をクリック。
pinpoint_k

表示されたカラーをクリックして選択。
pinpoint_l
ただし有料になっているので、必要があれば1色120円(2015/6/24現在)で購入しよう。
全色まとめ買いもできる。

まとめ

pinpoint_j
矢印やモザイクなど、ブログでの画像加工で必要なモノをすべて網羅している。
これで、わざわざMacを起動したり、iOS版のPhotoshopでセコセコ画像処理する必要がなくなった。

今回はiPad(mini)で試してみたが、もちろんiPhoneでも使える。

ますますモブログが進化して、Macの起動機会が減りそうだな…


こちらの投稿もいかがですか

僕のブログの三種の神器

モブログのススメ! iPadでブログを書くことの利点と欠点

スポンサーリンク
関連するコンテンツ