ウルトラマン創世紀展に行ってきた。

IMG_0412

「ウルトラマン創世紀展」に行ってきました。

会場は滋賀県の佐川美術館。

佐川美術館は国宝をはじめ、日本画や彫刻、陶芸作品を数多く展示しております。また茶会や子どもを対象としたワークショップを開催。
JR守山駅からバスに揺られて30分、琵琶湖のほとりに佐川美術館はあります。
とても美しい建物です。

IMG_0399
IMG_0424
IMG_0420
この日(2014年4月24日)は天気も良く、汗ばむような陽気でした。

IMG_0405
入口から会場に進むと、ウルトラ兄弟とカネゴンがお出迎え。
IMG_0417
IMG_0413

サブタイトルにもあるとおり、ウルトラQからウルトラマン80まで年代順に資料が展示されてあります。
円谷英二直筆のシナリオや絵コンテ、金城哲夫の創作ノートなど貴重な品々も見ることができます。

個人的には、キングジョー分離形態パーツに感動しました(キングジョーこそ変形合体ロボの元祖だ!)。

あと、隣室に当時の少年雑誌に掲載されたイラストや、プラモデルなどのボックスアートの原画を展示しているコーナーがあるので、忘れずに見てください(入口にケムール人が立っています。案内などがないので、スルーしかけました…)

それにしても、改めてウルトラマンの造形は、デザイン的にも素晴らしいですね。
古今東西、ウルトラマンくらい美しいヒーローはいないのではないでしょうか。
ウルトラセブンは肩から上の複雑な造形と、肩から下のシンプルな造形のバランスが良くないように思います。
ストーリーはウルトラセブンのほうが好きなのですが…

少し不便な場所ですが、特撮ファン、ウルトラシリーズファンなら見て損はない展示会だと思います。

(図録を買った…)
IMG_0429

ウルトラマン創世紀展 ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ
2014年04月05日(土)~2014年06月15日(日)

《開館時間》
午前 9 時 30 分 ~ 午後 5 時(入館は午後 4 時 30 分まで)
《休館日》
月曜日、5 月5 日(月) は開館、5 月7 日(水) は振替休館
《入館料》
一般1,000円 / 高大生600円
中学生以下は無料 ※ただし保護者の同伴が必要
団体(20名様以上)は200円引き、
専門学校・専修学校は大学に準じる。
障害者手帳をお持ちの方(手帳をご提示ください)、
付添者(1 名のみ)無料。

主  催:公益財団法人佐川美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
特別協力:円谷プロダクション
特別展示協力:西村祐次(M1号)
コーディネート:桜井浩子(円谷プロダクション)
協賛:ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン
企画・制作:ワンエイトクリエーション、MIMOseele
協力:SGホールディングス株式会社、佐川急便株式会社、佐川印刷株式会社
後援:滋賀県、滋賀県教育委員会、守山市、守山市教育委員会、BBCびわ湖放送

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ