ガメラはいつでも子どもの味方だ! ガメラ生誕50周年記念映像「GAMERA」がもの凄い!!


僕は昔から、ゴジラよりガメラ派だ。

昭和ガメラを見ていたのがかなり幼かったので、より子ども映画っぽく、子どもたちが主人公のガメラの方が親しみやすかったのかも知れない。

そんなガメラも、今年で生誕50年だという。
そりゃ僕も歳をとるはずだ…

スポンサーリンク

昭和ガメラシリーズ

東宝のヒット映画、ゴジラに対抗して大映が制作。
「大怪獣ガメラ」から「宇宙怪獣ガメラ」まで、全8作品が作られている。

1作目の「大怪獣ガメラ」以外は、基本的にガメラは正義の味方で、悪い怪獣や宇宙人たちと戦う、いわゆる怪獣プロレスものだ。
主人公は少年(日本人と外国人のコンビが多かったような…)で、ガメラとともに勇敢に戦うという、同年代の子どもたちにはとても楽しい内容だった。

僕が子どもの頃は、よく夏休みや冬休みの午前中や夕方に、テレビで放送してたんだけど、今でもやってるのかな…
テレビをあまり見なくなったんで、よく分からないけど、やってるような感じではないね。
残念…

平成ガメラシリーズ

「ガメラ 大怪獣空中決戦」「ガメラ2 レギオン来襲」「ガメラ3 邪神覚醒」の3本作られた。

3作とも監督は金子修介。
そして特撮監督は、樋口真嗣だ!

全作ともストーリーが練られ、SFとしても充分通用する内容だ。
ガメラは古代文明の生体兵器、ギャオスは超古代文明の遺伝子工学によって作られた単為生殖生物(!)という、新しい設定になった。

特に特撮がスゴイ!
さすが特撮の樋口だ!
1作目のガメラとギャオスの死闘は、怪獣映画史に残る名シーンといってイイんじゃないかな。

3作ともエピソード自体は独立しているが、連続した世界でのストーリーで、「ガメラ3 邪神覚醒」は、ガメラとギャオスの戦いに巻き込まれて両親を失くした少女が、古代生物(イリス)と合体してガメラに復讐するというお話だ。
ある意味、怪獣映画のタブーに挑戦した作品だったんだけど、配給収入が良くなかったみたいで、残念ながらシリーズは終了してしまった…

その後、番外編ともいえる「小さき勇者たち〜ガメラ〜」が作られた。
再びガメラは子どもの味方になり、母を亡くした少年とともに成長し、戦うガメラは感動的ですらある。
あまり話題にならないんだけど、個人的にはけっこう好きな作品なんだよね…

ガメラ再び復活!?

石井克人を監督に、第28回東京国際映画祭の日本映画クラシックス部門上映作品として、ガメラ生誕50周年記念スペシャル映像が上映予定だという。
ダイジェスト映像には、命を捨てて子どもを救う父親役で宮藤官九郎も出演している。

破壊された東京、上空を舞いながら逃げる人々を追いかけ喰らいつくギャオスの群れ、子どもを救うためかのように突如現れるガメラ…
ギャオスの群れを一瞬にして焼きつくす、ガメラのプラズマ火球…
そして出現する謎の巨大怪獣…

コレって、映画化されるんだよね?
ここまで見せたんだから、期待するよ!

まとめ

2度にわたってハリウッドで映画化されたゴジラも、脚本・総監督が庵野秀明で日本映画化されるという(そんなもんよりヱヴァンゲリヲン(エヴァンゲリオン?)新劇場版の続きつくれよな)。
盟友樋口真嗣が監督・特技監督みたいだから、こちらも期待はできそうかな…

ゴジラにしろガメラにしろ、子供の頃のアイドル(?)が、いつまでも続いていくことは、個人的にはとてもうれしい

ちなみに昭和ガメラ第1作「大怪獣ガメラ」と、平成ガメラ全3作、「小さき勇者たち〜ガメラ〜」はHuluで見ることができる。
できれば昭和ガメラの他作品も、見れたらイイのにな…

[文中敬称略]

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ