寅さんって、究極のミニマリストじゃない?


先日、たまたま入った定食屋のテレビで「男はつらいよ」をやっていた。
もう終盤だったみたいで、いつものようにフラれた寅さんが、さくらに見送られながら旅立つところだった。
「男はつらいよ」を最初から最後まで通して見たことはないんだけど、だいたいの話がわかってしまうところが、この映画の優れたところだ。

でも、いつも同じファッションで、トランクひとつで身軽に旅立ってしまう寅さんって、僕らが夢見ている究極のミニマリストだよね。

寅さんのミニマリスト振りを検証してみよう。

スポンサーリンク

寅さんスタイル

スーツ

寅さんといえばタッターソールチェックのベージュのスーツ(?)だ。
ジャケットはダブル、スラックスはクセのないストレートで丈は短め。

一見、流行遅れで野暮ったく見えるけど、生地は女性用のスーツ生地で裏地には錦絵が刺繍されているオーダーメードだ。

ダボシャツと腹巻き

ジャケットの下は、水色のダボシャツ。
その名のとおり、ダボダボのゆったりシルエットで、袖は7分くらい。
風通しが良さそうなので、夏はイイけど冬は寒そうだね…

それをカバーするわけではないんだろうけど、ベージュの腹巻きをしている。
まぁ、腹巻きは夏もしてるんだけどね…

トランク

スーツと並んで、寅さんのイメージは革(?)のトランクだ。
中身は着替えのダボシャツくらいかなと思いきや、そうではないらしい。

トイレットペーパーや目覚まし時計、蚊取り線香やうちわなど、生活に必要な物がつめ込まれているらしい。
まさに寅さんの家代わりなんだね…

小物・アクセサリー

頭にはベージュの中折れ帽、履物は蛇の鼻緒の雪駄。
中折れ帽は雨風をしのぎ、時にはこれで顔を隠す。

唯一のアクセサリーは、首から下げた成田山新勝寺のお守りだ。
コレにどんな逸話があるのか、僕は知らないけど…

そして冬にはベージュのマフラーをすることもある。
寅さんの防寒グッズは、これくらいじゃないのかな…

まとめ

やっぱり寅さんはミニマリストっぽいね。
ファッションは完全にユニホーム化されてるし、持ち物も必需品を詰め込んだトランクひとつだ。

思い立ったら、いつもの衣装とトランクひとつで、いつでも旅立てる…
仕事に生活に、いろんなシガラミに縛られている人間から見ると、とても羨ましい…
いつか僕もこうなりたいな…

でも考えて見れば、コレってチョット高城剛っぽいね。
高城剛は現代の寅さんなのかも知れないな…

[文中敬称略]


こちらの投稿もいかがですか
http://re-cyberrat.info/post-4243

スポンサーリンク
関連するコンテンツ