Amazon Fire 5thはなぜ売れるのか!?

Amazon Fire 5th_ureteru
Amazon Fire 5thが売れているようだ。
発売当初は、ガジェット系のブログやYouTubeで軒なみレビューされていたし、最近ではふつうのブログでも取り上げられていたりする。

少し前に、FireでGoogle Playが使える方法を紹介していて、そのリスクを断っていなかったために、炎上しかけたブログもあった。
まぁ、それくらい一般層にまでFireが浸透しつつある、ということだろう。

なぜ、そんなに売れたのだろうか?
http://re-cyberrat.info/fire-tablet-8g

スポンサーリンク

Amazon Fire 5thが売れた理由

価格

これが一番の理由だろう。
通常で8,980円、Amazonプライム会員なら4,000円引きの4,980円で買えた。

タブレット端末としては破格の値段といえる。

ブランド力

とはいえ、Fireとほぼ同価格で、同等かそれ以上のスペックを持ったタブレット端末もある。
もう少し財布に余裕があれば、さらに高スペックのものも多数ある。

ただし、そのほとんどはマニア以外には馴染みのないメーカーのものだ。
知らないブランドの商品、特に精密機器を買うことに抵抗を持つ人は少なくないだろう。

その点、Amazonという多くの人が知っているブランド(?)には、信頼性と安心感がある。

宣伝力

Amazonは世界最大級の通販サイトだ。
ネットリテラシーが高い人だけではなく、一般の人も多く利用している。

そんなサイトで価格も含め大々的に宣伝すれば、買ってみようかと思う人も少なくないだろう。

Amazonは世界最大級の通販サイトであると同時に、一般にも影響力を持つ世界最大級のウェブサイトともいえる。

まとめ

ただしAmazonも、このFireをいくら売ったところで、ほとんど利益は出ていないんじゃないかな。
むしろ売れば売るほど、赤字になっている可能性さえある。

AmazonはFire自体で儲けるのではなく、それをきっかけにAmazonプライムに加入させること、さらに商品を、コンテンツを購入させることを目的にしてるんだろうな…

Amazon Fire 5thはギークにとっても楽しい端末だ。
ネット上にはGoogle Playのインストール方法や、カスタムROMの焼き方など、いろんな改造方法があげられている。

マニアにはカスタムに挑戦するのにピッタリの端末だし(値段が値段だから失敗してもギリギリ諦めがつく…)、一般の人にはビデオや音楽、電子書籍などAmazonのコンテンツを楽しむには最適の端末だ。

そういう意味では、売れて当然だったのかも知れないね。
でも、こういう売り方をできるのは、Amazonだけだろうな…


こちらの投稿もいかがですか

【裏ワザ】Amazon Fire タブレット 8GBに、Google Playストアにしかないアプリをインストールする方法【追記あり】
購入して以来、毎日のように愛用しているFire。 それでも不満点がないわけではない。 そのひとつが、アプリの少なさだ。 Goo...
http://re-cyberrat.info/fire_ccleaner

スポンサーリンク