ユニクロは年間を通じてウルトラライトダウンを販売するのか !?

IMG_0491
関西地方では連日夏日が続き、いよいよ夏本番となってきている。

先日、僕は部屋着兼寝間着用に、Tシャツとステテコを買うため、ユニクロに行った。
そして、ウルトラライトダウンがまだ販売されていることに気づいた。

去年のこの時期も販売されていたのだろうか?
僕がユニクロに行くのは、年に数回くらいだから、気がつかなかったのかも知れない。
でも、これって意外と助かる人が多いのではないか、と思った。

ほんの数週間前、関西地方が暑くなり始めた頃、北海道では雪が降っていた。
ゴールデンウィーク明けに北海道に行った人は驚いたに違いない。
季節外れとはいえ、そんなこともあるのだ。

小さな島国ではあるが、それくらい日本列島は南北に長い。
旅行先、あるいは出張先で思わぬ気候の変化に見舞われた時、安価でその対策が取れれば助かるはずだ。

ユニクロはほとんどの主要都市、ターミナルにはある。
価格も安定しているし、品質も一定以上だ。
泣く泣く散財してしまうことも避けられる。

海外になるとなおさらだ。
南半球は当然四季が日本とは逆になるし、北半球であっても気候の変化は日本からは読みにくい。
日本より赤道に近いからといって、高度や海流の影響で、予想以上に寒いこともある(特に大陸性の気候は昼と夜との寒暖の差が大きい)。

だから僕は荷物の許す限り、ユニクロのウルトラライトダウンを持って行く。
このダウンの良い所は、何よりも安価であるところだ。
もちろん、購入する時点でも助かるが、処分するときにも助かる。

旅先でお土産などで荷物が増えてしまった時、現地で処分してしまう候補にできるのだ。
これが、パタゴニアやノースフェイスのダウンであれば、そうはいかない。
そういう意味で、ユニクロの商品はウルトラライトダウンに限らず、旅行には持ってこいだ。

もし、旅先で親しくなった人がいれば、譲っても良い。
ユニクロは日本の有名ブランドなので、喜んでくれる人も多いだろう。
荷物も減るし、一挙両得だ。

そんなことを考えながら、プライスダウンしているTシャツとステテコを2点ずつ買って帰った。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ