ガラケーの人気が再燃しているらしいので、僕の現存する歴代携帯電話のご紹介【後編】

IMG_0504

スポンサーリンク

SONY SO213i premini

IMG_0495
今見てもびっくりするくらい小さい。
品番とは別に「premini」という愛称が与えられている。
カメラ機能はなく、電話とメール機能に特化した2☓☓iシリーズ。
階段上にテンキーが配置されており、見ためより操作性は高い。
アルミ製の筐体はとても高級感がある。

ヘッドポーター製の専用ケースも販売されていた。
IMG_0505

SONY SO902i

IMG_0494
僕の初のFOMA機。
preminiシリーズを彷彿とさせる小型ボディ。
318万画素で手ブレ補正機能付のカメラと、FeliCaを備える。
外部メモリは、SONYらしくメモリースティックPRODuoだった。

これも、ヘッドポーター製の専用ケースも販売されていた。
IMG_0507

NOKIA NM705i

IMG_0493
デザインは、先のSONY SO902iによく似ているが、ひと回り小さい。
メインカメラは190万画素、サブカメラは8万画素で、外部メモリはmicroSD。
ほとんどの動画・音声ファイルに対応しており、Bluetooth搭載やOutlookとのスケジュール同期も可能というところは、さすがグローバルメーカー。
とても気に入っていて、5年近く使用(途中SoftBankのiPhone3Gと2台持ちになるが)。
これを最後に、僕はdocomoを解約する。

まとめ

わかっていたことだが、僕が使っていた携帯メーカーはSONYとNOKIAだけだ(これを打ち破ったのがiPhoneだ)。

SONYはホントに楽しい機種が多かった。
音楽やデジカメ機能を搭載したり、びっくりするくらい小さい端末を作ってみたり。

NOKIAはシンプルなデザインと機能を絞った潔さが良かった。
その一方でPCとの親和性が高く、端末経由でネットに接続することも可能だった。

いずれも、デザインも機能も個性いっぱいでギーク心をくすぐる端末たちだ。

今はスマートフォンの時代だが、どれも似たり寄ったりのデザインと機能だ。
新作発表の時も、昔ほどのドキドキ感もない。

iPhone6もAndroid端末と同じように、ディスプレイが大型化するようだ。
ますます個性が無くなることが想像できる。
個人的には、ディスプレイ3.5inchくらいで薄型の、iPhone miniかiPhone nanoが出るといいなぁ…


こちらの投稿もいかがですか
http://re-cyberrat.info/post-2049

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ