高城剛氏使用のカード類推察

takashiro's card
僕はほとんどノーマークだったんだけど、高城氏のメルマガ「Future Report Vol.270」のQ&Aコーナーに、「LIFE PACKING2.1」に写っていた高城氏が利用しているクレッジトカードに対する質問があった。
メインで使っているのはヨドバシのカードで、他にAMEXやJALカードを使っているということだ。

クレジットカード以外にも、見たこともないカードが多数あるので、ロゴを頼りに調べてみた。

スポンサーリンク

プリペード/ICカード

Suica

Suica
ご存知、JR東日本が発行するICカード。
現在はほぼ全国のJR・私鉄で乗車券機能の相互利用が可能だ。

MetroCard

MetroCard
MTA(Metropolitan Transportation Authority/ニューヨーク州都市交通局)が発行するニューヨーク市の地下鉄やバスなどで利用できるプリペイドカード。
ICカードではなく、紙やプラスチック製の磁気カードだが、残高がなくなれば自動券売機で追加チャージできるらしい。

MyRapid

MyRapid
マレーシアで使えるIC交通カード。
マレーシアでは他にTNG(Touch’goカード)もあり、こちらの方が使える交通機関も多いうえに、コンビニでも使える店舗があるという…

八達通

Octopus
香港の公共交通機関などで利用できるICカード。
英語での名称はオクトパス(Octopus/タコ)。
交通機関の他に、コンビニやカフェ、レストラン、自動販売機や公衆電話でも利用が可能。
また、深圳やマカオの一部店舗でも利用することができるらしい。

Oyster

Oyster
ロンドン市内の公共交通機関で利用できるICカード。
通常のOyster Cardの他に、Visitor Oyster Card(ビジター・オイスターカード)という旅行者向けのカードもあり、これは日本国内の英国観光庁オフィシャルショップで購入できる(もちろん旅行者でも現地で通常のカードを購入することも可能)。

Bicing

スペインのバルセロナで公共レンタサイクルを利用するためのカード。
これは以前、高城氏が利用するようすをテレビで放送していたな…

クレジット/キャッシュカード

JALカード

ヨドバシのカードの限度額が低いため、JALのカードも作りましたが、いまひとつ効能が見出せないままです。【高城未来研究所「Future Report」Vol.270より】

Citibankカード

Citibank card
かつては世界でもっとも信用がおけるといわれていたCitibank(シティバンク銀行)の(おそらく)キャッシュカード。
サブプライム危機で一時期業績が低迷したとはいえ、現在でも全世界的に支店を持つ大手銀行のひとつだ。

JAL DIAMONDカード

JAL及びワンワールド アライアンス加盟航空会社の搭乗回数が多い乗客に送られるカード。
専用予約デスクの利用や優先キャンセル待ち、特典航空券の利用など、各種の特典が利用可能。

American Express プラチナカード

AMEXは、空港ラウンジが無料で元が取れるのと(よくシャワーを浴びて一泊します!)、高額なエアーチケットを買う時に限度額設定がありませんので、年会費が高くてもなかなかやめられません。【高城未来研究所「Future Report」Vol.270より】

僕も以前AMEXの〇〇カードを使っていたけど、年会費が高くて解約した…

ヨドバシ ゴールドポイントカード

メインで使っているのは、ヨドバシのゴールドポイントカードのクレジットカードです。【高城未来研究所「Future Report」Vol.270より】

カードケースには見当たらないけど、モビロンバンドでキャッシュとまとめられている、プリントが剥げたカードがそれっぽい。
原型はこんな感じ。
yodobashi card

まとめ

他に免許証(日本)と欧州労働許可証がカードケースに入っている。
クレジットカードもさることながら、各国交通機関のカードが、高城氏の主要行動範囲が分かって楽しい。
ニューヨークやロンドン、スペインは当然として、電脳都市深圳(シンセン)で使える交通カードを持っているのが高城氏っぽい。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ