あの「GONIN」の続編ができるぞ!

スクリーンショット 2014-06-17 14.59.06
石井隆の代表作のひとつ、「GONIN」の続編の制作が決定した。
http://gonin-saga.jp

GONINとは…

借金まみれのディスコ・バーズのオーナー・万代、男性相手のコールボーイ・三屋、元刑事・氷頭、リストラされたサラリーマン・荻原、パンチドランカーの元ボクサー・ジミー。社会から弾き出された5人は大胆にも暴力団事務所の大金を強奪する計画を企て、辛くも成功する。しかし、万代達の仕業と突き止めた暴力団は、二人組のヒットマン・京谷と柴田をも雇って報復に出る。GONIN vs 暴力団、最後に生き残るのは果たしてどちらか。

夜と雨と血飛沫、石井隆のカタルシスがふんだんに盛り込まれた名作だ。

落ちぶれた中年男の佐藤浩市や、男娼のモックンも良かったが、何と言ってもホモカップルの殺し屋役、ビートたけし(北野武)が良かった。
あのバイク事故後、(たぶん)最初の仕事で、片目に絆創膏をしたままで表情がほとんどないのが、逆に凄みがあり、非情な殺し屋役に説得力をもたせている。

相棒で愛人役の木村一八が下手をうち、怪我の治療代をせびるシーン…
「保険効かねえからよ、俺らみたいな商売。プラスしてくれねえとな、ダメだよ。トーシローだなんてよ、拳銃持ってんじゃねえか…」
という台詞が、特に好きだ。

GONINには続編の「GONIN2」がある。
前作ほどではないが、これも良かった。

緒形拳演じる鉄工所の親父の、妻を自殺に追い込んだヤクザに対する復讐劇に、今度は5人の女が絡んでくる。
喜多嶋舞の濡れ場も見どころのひとつではあるが、石井隆作品の常連のひとり、余貴美子のタフな演技が良い。
強盗に入った宝石店で別の強盗団とかち合い、店員を盾に取られた時…
「アカの他人だ!、殺りたきゃ殺ればぁ」
と、据わった目で相手をバカにしたように言う台詞が、なんとも言えずカッコウが良い。

そんなGONINシリーズに続編ができる。
タイトルは「GONIN サーガ」。

主演は東出昌大。
この人は「クローズEXPLODE」といい、最近バイオレンスづいてるね。
国営放送の朝の連ドラのイメージとは大違いだ。

他の出演者は、桐谷健太、土屋アンナ、柄本佑、安藤政信。
いずれも前二作と比べると、若いイメージだ。
果たして、どんな物語になるのか…

6月1日に横浜でクランクイン、月末にクランクアップを予定。
KADOKAWAとポニーキャニオンの共同配給で、2015年に全国で公開。

絶対、見に行く!

[文中敬称略]

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ