STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)小説シリーズの新作発売決定 !!【追記あり】

Untitled
シュタインズ・ゲート小説シリーズの新作の発売が決定した。
シュタインズ・ゲートβ世界線小説3部作の続編だ。

ストーリーは…
2016年初夏。東京・秋葉原。シュタインズゲート世界線。
岡部倫太郎と橋田至は大学卒業後、“未来ガジェット研究所”を企業化したが、その実態は橋田が稼ぐばかりで、岡部は探偵まがいの依頼を受けて糊口を凌ぐありさまだった。
ある日、ラボの入る大檜山ビルのオーナー・天王寺裕吾の娘である天王寺綯がラボを訪れ、父親の様子がおかしいので調べて欲しいという相談を岡部に持ちかけてくる。かつての世界線漂流のなかで天王寺と浅からぬ因縁を持った岡部は、綯の依頼に言いようのない不安を覚えるが、時を同じくしてシュタインズゲート世界線上には存在しないはずの阿万音鈴羽も岡部たちの前に現れ、事態は徐々に混沌の相を呈していく。
世界線漂流の果てに到達したシュタインズゲート世界線で、岡部を待ち受けるものは――?

舞台は2016年だから、みんな少し大人になっているぞ。

chara01chara02chara03chara04
左から、岡部倫太郎(24)、椎名まゆり(22)、橋田至(24)、牧瀬紅莉栖(24)。

オカリンと紅莉栖は、そんなに変わらないけど、まゆしーがすっかり大人になっている。
相変わらずカワイイけど…
てかダル、カッコイイやん。
ヒゲにメガネ、どういうワケか登山ルック。
個人的には、スーパーハカー・ダルが活躍するスピンオフ的な話が読みたいな…

chara05chara06
阿万音鈴羽(?)や天王寺綯(17)も登場するぞ。
バイト戦士は当然変わらずだけど、綯がすっかりお姉さんになっているのにびっくり。
子供の成長は速いね。

いずれにしても楽しみだ。

タイトルは「シュタインズ・ゲート ザ コミッティ オブ アンチマター」
発売は2014年8月29日。

座して待て!

【追記】

度重なる発売延期の末、ついに発売中止になった…
なんで!?

sankouSTEINS;GATE The Committee of AntiMatter 発売中止のお知らせ

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ