結局、「simロック解除義務化」って何なん?

PAK73_simcutter20140531500
2014年6月30日、総務省は各携帯電話会社が販売する携帯電話のsimロックの解除を、2015年度にも義務化する方針を公表した。
これにあたり、ネット上でもいくつか記事があげられている。

SIMロックフリーをキャリアに強制して意味があるのか
(PCwatch)

「SIMロック解除義務化」とはどのようなこと? 本当にメリットあるの?
(マイナビニュース)

そんな中でいつものことながら、永江一石氏の記事が最もわかりやすかった。

初心者にもわかる、SIMロック解除義務化で何が変わるのか
(More Access! More Fun!)

僕のまわりでも、simカードなんて自分で一度も抜いたことがない、という人が大半だ。
中には、simカードって何? という人もいた。
ていうか、このニュースすら知らない人が多かった。

そういう人たちが、義務化されたとしても、simロック解除するとは思わない。
現時点でdocomoは、iPhone以外の機種のsimロック解除を手数料3.000円で実施しているが、僕のまわりのdocomoユーザーは一人も解除していなかった。

キャリアのsimロック解除を希望してる人って、どれくらいいるんだろうか?
今やAppleもGoogleも自社サイトでsimフリー機を直販している。
simフリーが欲しい人は、とっくに手に入れてるだろう。

simロック解除義務なんかより、2年契約の途中解約には違約金が発生する、というワケのわからないシステムを何とかする方が先ではないか、と思う。
そのほうが、よほどキャリア間の競争が加速し、料金値下げに繋がりそうなんだけどな…
日本国内で使うぶんには(ほとんどの人がそうだろう)、simロック機で充分だしね。

でも、simロック解除が義務化され、旧機種もその対象になったら、SoftBankのiPhone5をsimロック解除してもらおうっと!


こちらの投稿もいかがですか
http://re-cyberrat.info/sim_unlock

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ