「Surface Pro 4」「Surface Book」が公式オンラインショップで大幅ディスカウントセール開催中!


現在Microsoftの人気機種「Surface Pro 4」「Surface Book」が、公式オンラインショップでディスカウントセールを開催している。
直営店ならではの大幅割引だ。

いずれも在庫あるのみということなので、購入を検討していた人はこれが最後のチャンスかもしれない。

スポンサーリンク

Surface Pro 4


本体は専用のSurfaceペン(別売)使用可能なタブレット端末。
キーボードが必要な場合は、専用のキーボードカバー(別売)も用意されている。
というと、iPad Proの対抗機と考えがちだが、こちらはフルサイズのWindow 10が動作する、正真正銘のPCだ。

現時点で1世代前のSurface Proにはなるが、CPUは第6世代のIntel Core m3・i5・i7搭載で、通常の使用ではまったく問題がないはず。

直販サイトだから可能な、新品で25%OFFでの販売だ。

Surface Pro 4
Microsoft

Surface Book


一見ラップトップPCにみえるが、こちらもディスプレイ部分を外してタブレットとして使うことも可能。
ヒンジ部分の独特なデザインは、サイバーでカッコイイ。

見た目だけでなく、性能面でもSurface Pro 4のワンランク上。
画像の加工や動画の編集など、比較的重い作業もストレスなく行えるはずだ。

それだけに高価な機種ではあったが、今回のディスカウントセールを利用すれば手が届くかも…

Surface Book
Microsoft

Surface Book(パフォーマンス ベース搭載モデル)


Surface Bookの上位機種。

ディスプレイだけのタブレットモードでは、Core iシリーズ内蔵のグラフィックのみだが、キーボードを接続すると内蔵している外部GPU、パフォーマンス ベース(PB)が作動し超高速モードになるという。
PBの正体は「GeForce GTX965M」で、3D表示も強化されている。

ラップトップにグラフィック性能を求める人は、選択肢に入れても良い機種だろう。
ただ、消費電力も増えているのでバッテリーも強化されていて、その分重くなっているのが残念…

通常で30〜40万円していた機種が、20〜30万円台で購入可能だ。

Surface Book(パフォーマンス ベース搭載モデル)
Microsoft

まとめ

一部の噂によると、英国で2017年10月末から行われる「Future Decoded」で、Surfaceシリーズの生みの親であるパノス・パナイ氏が登壇するとされている。
内容の詳細は不明だが、情報筋によるとSurfaceシリーズの新機種の発表も予想されている。

今回の大幅割引き販売は、あるいはそれを見越してのことかもしれない。
しかし新機種が発表され、今回の対象機種が旧モデルになったところで、性能が落ちるわけではない。
新機種にこだわるマニア以外は、このチャンスを利用しない手はないだろう。

スポンサーリンク