iPhoneのバッテリー節電のための、9つの設定

もうiOS7.1にアップデートされただろうか?
僕は脱獄犯だから、まだだ…
脱獄犯じゃない人はセキュリティ面からも、早い目にアップデートしておいた方が良いだろう。

アップデートした時にいつも話題になるのが、バッテリーの消費問題。
バッテリーの減りが早くなった、という場合が多いようだ。
アップデートのあとは、その変更点を確認するためにふだんより起動させていることが多いので、そのせいもあると思う。

ただ、Bluetoothがオンになっていたり(これは仕様みたいだ)、設定も勝手に変更されていることがあるようだ。
アップデートのたびに僕も確認しているので、設定を備忘録として記しておきたい。

スポンサーリンク

【1】画面の明るさを調節

画面のバッテリー消費量はけっこう大きい。
iOS7以降はコントロールセンターからも簡単に調整できるので、ふだんは半分以下にしている。

明るさの自動調節もオフに。

設定 > 壁紙/明るさ
IMG_0311

【2】Wi-Fiをオフにする

接続していないと端末はWi-Fi接続先を探し続け、バッテリーを消費する。
接続時以外はオフ。
一度接続したWi-Fiであれば、コントロールセンターからワンタッチで接続できる。

設定 > Wi-Fi
IMG_0312

【3】Bluetoothをオフにする

Bluetooth3.0以降は、消費電力もかなり抑えられているようだが、使っていないのならオフ。
コントロールセンターからもオン/オフできる。

設定 > Bluetooth
IMG_0313

【4】iCloud同期で必要ないものをオフにする

複数の端末でデータを同期できるので、たいへん便利なのだが、必要のないものは同期をオフ。

設定 > iCloud
IMG_0314

【5】位置情報をオフにする

カメラや地図など、GPSを利用するアプリも消費電力が大きい。
不要ならばオフ。

この設定で「iPhoneを探す」というサービスが使えなくなり、iPhoneを紛失した場合その場所を探したり、データの消去などの作業ができなくなる。設定は、自己責任でお願いします。

設定 > プライバシー > 位置情報サービス
IMG_0316  IMG_0317

【6】Spotlightで必要ないものをオフにする

iPhone内を検索する「Spotlight」も必要のない項目のチェックを外す。
僕は「Spotlight」を使わないので、すべてのチェックを外している。

設定 > 一般 > Spotlight検索
IMG_0318  IMG_0319

【7】視差効果をオフにする

IOS7で搭載された「視差効果」も不要であればオフ。

設定 > 一般 > アクセシビリティ
IMG_0320

【8】壁紙静止画に設定する

IOS7から動く「ダイナミック」という壁紙が設定できるようになった。
不要ならば「静止画」を選択。

設定 > 壁紙/明るさ > 壁紙を選択
IMG_0324

【9】緊急速報をオフにする

緊急時に速報を受信できる「緊急速報」も、意外と消費電力が大きい。
バッテリー重視ならば、オフに。

設定 > 通知センター
IMG_0323

※当然オフにすると、緊急速報を受信できない。設定は自己責任でお願いします。

【追記】

僕は「緊急速報」の代わりに「Yahoo! 防災速報」というアプリを入れている。
このアプリは、「地震」「津波」「豪雨」などの気象情報の他に、外部からの武力攻撃や大規模なテロなどの「国民保護情報」もプッシュで通知してくれる。
また、通知地域も3ヶ所まで設定できる。
一人暮らしをしている方などは、自宅と職場と実家などの3ヶ所の情報を得ることができてたいへん便利なうえに無料だ。

jp.co.yahoo.android.emg_m_83I0Yahoo!防災速報 ゲリラ豪雨もしものときの地震、避難勧告などをプッシュ通知 – Yahoo Japan Corp.

まとめ

以上が僕の節電設定だ。
一部に極端な設定もあるので、参考にされる方は自己責任でお願いします。


こちらの投稿もいかがですか
http://re-cyberrat.info/iphone_battery_saving

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ