iPhoneユーザー辞書のチョットした工夫

201409231

スポンサーリンク

ユーザー辞書の活用

皆さんはiPhoneのユーザー辞書を利用しているだろうか?

僕のまわりでは、意外と使っている人が少ない。
使わなくても特に不便はないんだけど、少しの工夫でちょっと便利になるので、ご紹介したい。

ただし、これは僕の発見ではなく、かなり昔にどこかのサイトで見て参考にさせてもらったものだ。
どこのサイトだったか、忘れてしまったけど…

記号を登録する

会話文を挿入したり、単語を強調したりする時に「」を使うことがある。
また、注釈をつけたりする時に()を使ったりする。

ふつうはキーボードを変更しないと、これらの記号を打ち込むことはできない。
それは面倒なので辞書登録機能を使う。

『「』は、よみを『かあた』と登録する。
201409236
同じく、『」』は、よみを『はらや』と登録する。

つまり
201409233
ということだ。

記号を文字列になぞらえることで、覚えやすくなる。

『()』はそれぞれ、『かたや』と『かはや』だ。
201409234

矢印も『なか』『なや』『なた』『なは』というように登録している。
201409235

まとめ

とりあえず、これだけ登録しておけば、僕の場合は不便がない。
これを応用していけば、他の記号も登録できる。

iOS8から、サードパーティのキーボードアプリが使えるようになっているので、この機能を使わなくてもよくなるかも知れないね。
でも僕は、しばらくiOS7を使っていく予定なので、当面これでいきます。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ