iPhoneカバーは、ずっとパワーサポートを使っている

201410051
皆さんはiPhone(スマートフォン)にカバーを使っているだろうか?
それとも裸族だろうか?
最近は裸族が増えているとも聞くが、僕のまわりではほとんどの人がカバーを使っている。

僕も3G以来、ずっとカバーを使っているんだけど、それがパワーサポートのエアージャケットだ。

パワーサポートのエアージャケットの良い所は、何といっても「薄さ」と「フィット感」だ。
特に5/5sモデルになってからは、今までオープンになっていた上下部分もカバーされ、ジャケットとしてほぼ完成されたといって良い。
装着すると、まるで最初からそういう形であったかのように、カバーをつけているような違和感がない。
スイッチ類の穴はコンマ何ミリの誤差もなく、適切な大きさの窓が開けられている。

スポンサーリンク

パワーサポート エアージャケットセット for iPhone 5S/5

【上部】

201410053
ボタンが凹むことにより、少し押し込む必要があるが、携帯時の誤作動がなくなった。

【側部】

201410052
ミュートスイッチは爪の先を使う必要がある(僕は基本ミュートしたままだけどね)。
ボリュームキーは指の腹で簡単に押せる。

【底部】

201410054
マイクやスピーカーの位置にも、しっかり穴が開けられていて全く不都合はない。
ただしイヤフォンとLightning端子の穴は、大きさに限界があるので注意が必要だ。
プラグ部分が大きい物は、うまく入らないかも知れない。
もちろん純正のものは問題ない。

【カメラ部分】

201410055
必要にして最低限の穴には、フラッシュ反射防止用のアダプターがついている。

まとめ

僕が使っているのはラバーブラックタイプなので、iPhone本体のアップルロゴなどは全て隠れてしまう。
カバー自体にも無粋なメーカーロゴなどは入ってないので、装着すると一見どこのスマートフォンか分からなくらいシンプルになる(形と大きさから分かるだろうけどね…)。

アップルロゴを隠したくない人には、クリアモデルもあるのでそちらを選ぶと良いだろう。

すでに6や6Plusモデルも発売されている。

このように、ほぼ完成されているパワーサポートのエアージャケットだが、唯一の欠点がある。
フィット感が高いゆえに、取り外しにコツがいるのだ。
そうそう取り外す機会もないと思うが、この時に無理をすると、せっかく今まで大事にしてきたiPhoneにキズをつけることになるぞ。
取り外し方は、パワーサポートのサイトにも記載されているので注意深く行おう。

Apple製品にカバーを付けることは、前CEOスティーブ・ジョブズは反対だったようだけど、最近はApple自らがオリジナルのカバーを販売している。

カバーを使うも裸族でいくも、良い悪いではなくユーザーの好み次第。
僕はフィット感抜群で、“ど”シンプルになる、このカバーを付けたiPhoneが好きだ。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ