iPhone5 vs Nexus5【地の巻】

R0010467

僕が初めてAndroidを手にしたのは、XPERIA X10の日本向モデルSO-01Bだ。
SO-01Bは楽しいモデルだった。人気機種ということもあり、様々なカスタムROMやルートオンリーアプリが有志によって開発されていた。
rootの取り方やファイルの扱い方は、すべてSO-01Bから教わったと言って良い。

しかしどんなに改造を加えても、同時期に販売されていたiPhone3GSにはかなわなかった。
クロックアップしたりブースターを入れたりすれば、反応速度は上がるものの、どうしてもギクシャクした動きになった。
改めてiPhoneの高性能性を感じた。
だからそれ以来、僕がAndroidを手にすることはなかった。

そんな僕がなぜNexus5を購入することになったか…

スポンサーリンク

Nexus5はGoogle直販で買える!

Nexus5は2013年11月1日からGooglePlayで販売されている。
日本のキャリアを介さない、ブランド直販だ。
だから2年契約などのややこしい手続きがなし、キャリアお仕着せの変なアプリも入っていない。
※2013年11月15日からイー・モバイルからも販売されている。

Nexus5はsimフリー!

simフリーだからキャリアに縛られず、MVNO*1の格安simが使用できる。
また、海外では現地のプリペイドsimなども利用できる。
※対応電波帯の確認が必要。

Nexus5は安い!

16GBモデルで¥39.800。
これはsimフリーの最新機種としては、破格の値段だ。
simフリー機種の並行輸入業者も頭を抱えたに違いない。

Nexusブランド!

Google直販のNexusブランドだから、最新のAndroidOSが使用可能(のはず)。

まとめ

久ぶりにAndroid機種を手にした僕はびっくりした。
反応速度も扱いやすさも、iPhone5と何ら遜色がない。
まぁ、XPERIA X10から3年以上の年月が流れているので、当然といえば当然かも知れない。

あくまでiPhone5がメイン、Nexus5はサブ、という位置づけで使うつもりだったのだが、それも危うくなってきている。

そのあたり、2機種の長短所の比較を次回で検証してみたい。

MVNO*1 仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator)。移動体回線(携帯電話回線)を他事業者から借りて自社ブランドで通信サービスを行う事業者。b-mobile、OCN(NTTコミュニケーションズ)、BIGLOBEなど。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ