2015年、無くしたい(無くなればイイなと思う)モノ

2015happyNewYear

スポンサーリンク

年賀状

数年前、ミニマリストを目指す前から、面倒くさくてこちらから年賀状を出すことをやめた。
親戚や個人的な友人はもちろん、仕事の取引先や上司にも出していない。
おかげで、めっきりもらう年賀状は減ったんだけど、なかなか“0”にはならない。

かつての部下数名が、結婚式にも出席したこともあって(?)、律儀に毎年子供の写真付きの年賀状を送ってくれる。
それはとてもありがたいことだから、それには年賀状を送り返すことにしているんだけど、コレって意味があるのかな? って毎年思う。
ほとんどの相手とは、Facebookで繋がっているしね(といっても、僕のFBは1年以上更新されていないけど…)。

どこかのタイミングで、もうイイよ、って言おうと思っているんだけど、コレがなかなか言えない…

中元・歳暮

僕もイイ歳をした社会人なんだけど、中元・歳暮は送ったことがない。
ただ、取引先からは中元・歳暮をもらったりするから、それには電話などで簡単なお礼をいう(さすがにメールでは…と思ってしまう)。
これも、単純に儀礼的な行為だから、なくなってくれればイイんだけど…
たいした物をもらってるわけでもないし…

名刺

仕事をしていると、毎年ビックリするほどの枚数の名刺をもらう。
以前は毎年名刺ホルダーを買い足していたくらいだ。
最近はSnapLiteでデータ化しているんで、名刺ホルダーは使っていないが…
その名刺のほとんどは、もらうだけで利用することがない。

勤め先から名刺を支給されてるんで、もらった相手には僕も渡すようにしている。
たぶん僕の名刺も、適当な扱いを受けてるんだろうな、と思う。

最近はスマートフォンを使っている人が多いから、連絡先などのデータも簡単にやり取りできるんで、それで充分じゃないかな。
まぁ、自分のアドレス帳に余計なデータが増えるのも困るけど…

以前は僕も、ブロガー名刺を作ろうかな、と考えた事もあったけど、(今のところは)作っていない。
SNSで連絡はとれるしね…

各種パンフレット

去年、個人的にIT系のイベントに行った。
ブースをまわっていると、すごい数のパンフレットを渡される。
気の弱い僕は、それを断ることができない(コスプレの女の子が配っているからではないよ)。
ほとんどが興味のないものなので、大量の紙くず(←失礼)を持って帰ることになった。

これもデータ化して欲しいな。
特にIT系のイベントなんだから…
何かもっと、サイバーで楽しい方法でデータ化されたパンフレットを渡してくれたら、興味のない内容でも見てしまうけどな。

まとめ

今回リストアップしたものは、ほとんどが人間関係に関わるものだった。
年賀状や中元・歳暮(名刺も?)は日本古来の風習だから大切にすべき、という向きもいらっしゃると思う。
それはそれで理解できないこともないんだけど… 
僕はやっぱり面倒だな…

ミニマリストを目指すようになって、身の回りのものは少しづつだけど確実に減ってきてる。
でも、なかなか人間関係は整理できないでいる。
特に社畜としては、自分の力だけではどうにもならないことが多いしね。

もちろん、言い訳だということは分かっています…

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ