Pushbulletを使って、MacやiPhoneなどのiOS間だけでなく、他OS間でも簡単にデータのやり取りをする

pushbullet
Apple製品ではiCloudを使うことにより、写真やメモ、書類などある程度のデータを、各デバイス間で共有することができる。
しかし、Android端末などの他OSとのやり取りになると、不便なことが多い。

Pushbulletを使えば、他OS間でも簡単にデータのやり取りができる。

今回はiPhoneとMacで試してみよう。

iPhone App
pushbullet_icoPushbullet – Pushbullet


iPad App
pushbullet_icoPushbullet – Pushbullet

スポンサーリンク

Pushbulletを設定する

iPhoneの設定

iPhoneにインストールしたPushbulletを起動する
pushbullet_a

FacebookかGoogleのアカウントでログインできる。
今回はGoogleアカウントでログインしよう。
pushbullet_b

アクセスを承認。
pushbullet_c

設定が終了。
pushbullet_d

Macの設定

今回はSafariの拡張機能を使ってみる。
拡張機能をインストール。
pushbullet_i

同じく、FacebookかGoogleのアカウントでログインできる。
pushbullet_j

iPhoneと同一のアカウントでログイン。
pushbullet_k
以上で設定は終了だ。

ブラウザの拡張機能を使うと、ネットに繋がっていればBluetoothなどの接続をする必要がないので便利だ。
Safariの他にChromeやFirefoxなどでも、拡張機能の使用は可能だ。

Pushbulletを使ってみる

試しに、MacからiPhoneに地図データを送ってみよう。
SafariでGoogleMapを表示。
pushbullet_l

拡張機能を起動すると、すでにリンクが貼られている。
pushbullet_n
そのまま[プッシュ!]をクリック。

iPhoneのPushbulletが、すぐに受信している。
クリックして表示。
pushbullet_f

[Open Link]をクリック。
pushbullet_g

自動的にSafariが起動し、地図が表示された。
pushbullet_h

まとめ

Pushbulletは他に、
・写真、動画、音楽、PDF など各種ファイルの共有
・サイトのURL の共有
・モバイル端末の通知をPC に表示・削除
・コピーした文章の共有

などの機能がある。

今回はiPhoneとMac間で使ったが、Apple製品間だけではなく、Android端末やWindowsパソコンとの共有にも使える。
現時点(2015/2/5)では、アプリはすべて無料でダウンロードだ。
複数の端末をお使いの方は、一度お試しになればいかがだろうか。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ