NIVEA最強 !? 四十男のスキンケア術

男子のスキンケア
30歳代まで、スキンケアなんて考えたこともなかった。
髭を剃ったあとも、村上春樹の小説の主人公のようにジントニックを塗りこんでおく… ということはなかったけど、SEA BREEZE(シーブリーズ)を振りかけておくくらいだった。

それでまったく問題はなかったんだけど、40歳を越えると頬がカサカサになってきた(特に冬季)。
逆に額や鼻周りは脂っぽくなり、典型的な中年肌になってきた。

さすがに最低限度の手入れは必要か… ということで、スキンケアをすることにした。

スポンサーリンク

男のスキンケア研究

とはいうものの、男性化粧品に対する知識はほとんどないし、ネットで調べてもピンとくるものがなかった。
唯一見つけたのがNIVEA(ニベア)を使ったスキンケアだ。

【参考】話題のニベア青缶スキンケア みんなのレシピまとめ【NIVEAまとめ】

これは女性向けのスキンケアみたいなんだけど、ニベアなら使ったこともあるし、変な男性用化粧品を使うのも何だかコッパズカシイので、試してみることにした。

使い方

僕がスキンケアするのは入浴後だ。
入浴できれいに洗顔しておく。

顔の水分をとったあと、

  1. 化粧水で顔を潤す。
  2. 小豆大程度のニベアを体温で暖めながら、手のひらに広げる。
  3. 手のひらに広げたニベアで、パックするように顔を包み込みながら、しばらく浸透していくのを待つ。

以上だ。

少量のニベアを使うのがコツだ。
多すぎると肌がべたついて逆効果だから注意。

ちなみに、僕が使っている化粧水はコレ。

どんな化粧水が良いのか分からないんで、同じニベアのメンズ用「NIVEA for MEN」を選んだ。
髭剃り後のローションとしても使えるので便利だ。

あと、手軽に使えるので、最近は青缶ではなくチューブタイプのニベアを愛用している。

まとめ

このスキンケアを始めて1年くらいになるが、効果の程はまずまずだ。
乾燥した日でも頬がカサカサになることもなくなったし、余分な脂の分泌も少なくなった。
頬のカサカサを潤そうとして、皮脂腺の多い額や鼻が脂を出していたみたいだ。

僕は昭和生まれの男子なんで、男がスキンケアなんて、と思っていたんだけど、これからの時代、最低限度のお手入れは必要なんじゃないかな。
まぁ、人に見せるものでもないし、自宅でこっそりやっていればイイよね。

グルーミングは人に見せるな! が男の美学でもあるしね…

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ