「PQI Air Pen」をWi-Fi接続して、iPad (iPhone)で無線ストレージとして使う3つの方法


先日購入した「PQI Air Pen」。

本来の機能、モバイルWi-Fiルーターとしてはもちろん、USBプラグが内蔵されていてmicroSDカードを認識するので、USBメモリとしても使える。

汎用型携帯無線LANルーター「PQI Air Pen」

さらにWi-Fi機能を利用してiPhoneやiPadなど、USBジャックを持たない端末には無線ストレージとして使うこともできる。
それには、専用アプリ・ウェブブラウザー・GoodReaderを使う3つの方法がある。

順に試してみよう。

今回はiPad(mini 2)で行ったが、iPhoneでも同様の作業で可能だ。

スポンサーリンク

PQI Air PenとiPadをWi-Fi接続する

まずはPQI Air PenをiPadに、Wi-Fiで接続する必要がある。

PQI Air Penを起動しWi-Fiを有効にすると、iPadがすぐに認識するので[PQI Air Pen]をタップ。

接続された。

PQI Air Pen専用アプリで接続

App Storeから専用アプリ「PQI Air Pen+」をインストール。

PQI Air Pen+ – Power Quotient International

起動画面。

① を開くと、PQI Air PenのmicroSDカード内のフォルダが表示される。

② は設定ページ。

ファームウェアのアップデートやアプリのパスワード、PQI Air Penのアクセスポイントとしてのパスワードをここで設定できる。
特にアクセスポイントとしてのパスワードは、ディフォルトでは設定されていないので、必ず設定しておこう。

ウェブブラウザーで接続

「http://pqi.air/」にアクセスすると、Safariなどのウェブブラウザーで接続することもできる。

アプリと同様の設定がここでも可能。

左サイドバーの[File List]をクリックすると、microSDカードにアクセスすることもできる。

GoodReaderで接続

iOS用の多機能ファイラーアプリ「GoodReader」。
600円(2017/2/9現在)と有料で、このテのアプリとしてはなかなかの値段ではあるが、機能性汎用性が高いのでiPhoneやiPadなどのヘビーユーザーは購入しておいて損はない。

DropboxやGoogle Driveなど、クラウドストレージサービスに簡単にアクセスできることは有名だが、同様の手続きでWi-Fi接続したPQI Air Penにもアクセスできる。

GoodReader – PDF Reader, Annotator and File Manager – Good.iWare

GoodReaderを起動し、[Connect]タブを開き[Add]をタップ。

[FTP Server]を選択。

それぞれの項目に入力していく。

① 任意の名称
② PQI Air Penの裏面にプリントされているIP Address。
③ PQI Air Penのアカウント
④ PQI Air Penのパスワード

PQI Air Penのアカウントとパスワードは、ググれば複数のサイトが解析してくれている。
ちなみに “root”(アカウント)と “pqiap”(パスワード)だ。

入力が終われば右上の[Add]をタップ。

フォルダーが作成されたので、タップ。

起動したファイルを開くと…

microSDカード内のデータにアクセスすることができる。

GoodReaderはファイラーアプリなので、フォルダーからデータを閲覧・ダウンロードすることはできるが、設定などを追加・変更することはできない。
設定は専用アプリか、ブラウザー接続で行う。

まとめ

GoodReaderで接続できるのは、とても便利だ。
設定はブラウザーで、無線ストレージとして使う場合はGoodReaderを利用すれば、専用のアプリをインストールする必要がない。

iPad(iPhone)のストレージを、余分なアプリで消費したくない場合は、有用な手段といえるだろう。

スポンサーリンク