ミニマル化が止まらない ! ついにサイフを断捨離 !!


少し前に、サイフをバタフライウォレットに変えた。

軽量・コンパクトで四角大輔氏も愛用の、バタフライウォレットを試す

その前は、地球の歩き方オリジナル トラベルスマートウォレットを使っていた。

地球の歩き方オリジナル トラベルスマートウォレットは、ミニマリストのサイフだ!!

どちらも、シンプルで使いやすいサイフだったんだけど…

スポンサーリンク

サイフは必要か?

バタフライウォレットは、ほんとうにシンプルなデザインで、3ヶ所のカードフォルダーと札入れしかない。
コインケースがないので不便かな、と思ったが、実際使ってみるとほとんど問題がないことが分かった。

ミニマリストを目指しているからこそ、クレジットカードを使いこなす

でも、これで不都合ないのならサイフ自体が必要ないんじゃないの、という結論に至った。

それぞれの収納場所を考える

ふだん必要なクレジットカードやICカードは、いつも持ち歩いている高城式カードケースに収めた。

高城式カードケースが思いのほか便利で手放せなくなった

必要最低限の紙幣はそのままポケットに、というのも芸がないので、いつか誰かが僕の部屋に忘れていった、ヘアゴムを使うことにした。

紙幣を2つに折って、ヘアゴムでまとめる。
これでポケットの中で、バラバラクシャクシャになることもないね。

ほんとうはマネークリップでもあればよかったのかも知れないけど、わざわざ買うのも余計なものが増えるだけだしね…

でも、ヘアゴムって意外と便利なんだよね。
何かチョットしたものをまとめる時、輪ゴムじゃ頼りないしビジュアルも良くないし、なんて時にほんとうに便利だ。
常時何本か用意しておくとイイかも…

まとめ

年末年始をサイフなしで過ごしたが、今のところ不便はなかった。

これで、すっかり高城スタイルになってしまったな。
でも先日の高城氏のメルマガを読むと、氏の著書「LIFEPACKING」に掲載された8割ほどのモノは更新されているらしいから、このスタイルも変わっているのかも。

まぁ、僕は高城氏をそのまま目指しているわけではないので、しばらくこれでやってみようと思う。

ちなみに高城氏は、現在「LIFEPACKING2」を企画中とのこと。
氏のことなんで、いつの刊行になるか分からないけど、これも楽しみだな…

【追記】

刊行された!

待望の高城剛著「LIFE PACKING2.1―未来を生きるためのモノと知恵―」ついに発売!!

スポンサーリンク