海外への旅行や出張の必須アイテム! 楽天カードの裏ワザ




テレビCMでもおなじみ、年会費無料で楽天ポイントも付き審査も緩く(?)て、金融経済系の雑誌なんかでも、いつも人気はトップクラスにランキングされる楽天カード

一番の魅力は、何といっても海外旅行損害保険が最高で2.000万円付帯していることだ。
海外に旅行や出張に行く人には、うってつけのカードだといえる。

しかし、そこには条件がある。
利用付帯だ。

スポンサーリンク

利用付帯とは

利用付帯とは、旅行代金をそのクレジットカードで決済をして、初めてサービスが付帯するもの。
つまり、旅行代金を楽天カードで決済しなければ、海外旅行損害保険は適応されない、ということだ。

ちなみに自動付帯は、所持しているだけで、決済に使っていなくても適応されるカードサービスだ。

しかし裏ワザがあった

これだけ見れば、旅行代金すべて(飛行機代、宿泊費など)を決済する必要がありそうだけど、実はそうではない。

楽天カードの「カード付帯保険サービス」の説明にはこうある。

楽天カードは、日本を出国する以前に、公共交通乗用具(*1)または募集型企画旅行(*2)の料金を楽天カードで支払った場合(補償期間/日本を出発してから3ヶ月後の午後12時までの旅行期間)に限り、海外旅行傷害保険が付帯されます。

*1 公共交通乗用具とは
航空法、鉄道事業法、道路運送法に基づき、それぞれの事業を行う機関によって運用される航空機、電車、船舶、バス、タクシーなどをいいます。(当該旅行のために乗用するものに限ります)。

*2 募集型企画旅行とは
“旅行会社が旅行者の募集のためにあらかじめ、旅行の目的地及び日程、旅行者が提供を受けることができる運送又は宿泊のサービス内容並びに旅行者が旅行会社に支払うべき旅行代金の額を定めた旅行に関する計画を作成し、これにより実施する旅行をいいます。詳しくは旅行代理店にご確認下さい。(引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)

つまり、飛行機代や宿泊費は別の決済方法でも、飛行場までの交通費を楽天カードで決済していれば、海外旅行損害保険が適応されるということだ。

注意点

楽天カードでいう公共交通乗用具は、航空機、電車、船舶、バス、タクシーなどだ。
乗用車は、たとえガソリン代や高速道路料金、駐車場代を、楽天カードで決済していても適応されない。

また適応期間は、日本出国から3ヶ月後の午後12時までなので、海外滞在が長期にわたる場合も注意が必要だ。

まとめ

チョットふざけたテレビCMで、イメージが良いのか悪いのか分からないけど、使い方しだいでけっこう便利なカードだということが分かる。

人気クレジットカードランキングで、上位に入るのも理解できるね。

ちなみに…
楽天プレミアムカードなら、海外旅行損害保険(最高5,000万円)も自動付帯なので、決済しなくても適応される。



さらに海外だけではなく、国内旅行傷害保険(最高5,000万円)動産総合保険も付いている。
世界700カ所以上の空港ラウンジが利用できるし、旅行や出張が多い人には良いかもしれない。
ただし、年会費(¥10.000+税)がかかる…

僕らのような、ふつうの人には楽天カードで充分だね!


こちらの投稿もいかがですか
ミニマリストを目指しているからこそ、クレジットカードを使いこなす
先日ブログにも書いたように、サイフを変えた。 軽量・コンパクトで四角大輔氏も愛用の、バタフライウォレットを試す 小さくて軽く...
スポンサーリンク