ほんとうはこれで充分なのかもしれない… ミニマルなスマートフォン「Siempo」


スマートフォンといえば、iPhoneにしてもAndroidしても、アプリをダウンロードして自分なりにカスタマイズできることが特徴だ。
しかしその中で、ほんとうに必要なアプリはどれくらいあるだろうか。

電話やメッセージ、あとは時計やカレンダーくらいしか使っていない人もいるだろう。
TwitterやFacebookなどのSNSを、必要もないのにチェックしてしまう習慣をやめたい、と思っている人も少なくないかもしれない。

そんな人にはうってつけのスマートフォンが、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金募集を開始している。
「Siempo」だ。

Siempo出資者募集サイト【Kickstarter】

スポンサーリンク

Siempo

スペック

  • OS:オリジナルOS(Androidベース)
  • CPU:1GHz クアッドコア
  • RAM:ー
  • ROM:8GB
  • ディスプレイ:4インチ
  • バッテリー:1600mAh
  • その他:Wi-Fi・Bluetooth・GPS・NFC搭載

特徴

一番の特徴は、AndroidベースのOSを使っていながら、Google Playストアなどのアプリストアが使えないこと。
プリインストールされているアプリ以外は使うことができない。

プリインストールされているのは電話・メッセージ(SMS?)・カレンダー・(Google?)マップ・ノート・アドレスなど。
ミュージックプレイヤーやカメラ、ウェブブラウザなど、最低限のエンタメツールは搭載される予定だという。
TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSは使えない(当然LINEも)。

さらに特殊機能(?)として、Pause(すべての通知を停止)・Tempo(一定間隔で通知)・Mindful Morning(通知停止期間を設定)の3つのモード設定が可能。
スマートフォンからの通知を制限するデジタルデトックスを、「Siempo」はコンセプトにしているようだ。

端末自体のスペックは、細かいところまでは表記されていないものの、必要最低限のものであることが推測できる。
デジタルデトックスをコンセプトにしたスマートフォンであれば、必要十分な性能といって良いだろう。

ただし日本の技適を取得するかどうかは不明だが、現時点では可能性は低そうだ。

まとめ

考えてみれば、今使っているiPhoneやAndroidでも必要がないアプリをアンインストールすれば、ほぼ「Siempo」と同等の機能として使うことが可能だ。
メールなどの受信も手動に設定して、ふだんは通知しないように設定することもできる。
機内モードにするか、最終手段としてsimカードを抜いてモバイル通信を遮断しても良いだろう。
そこまでしてスマートフォンを持つ必要があるのか、という結論になりそうだが…

ただ、定期的にスマートフォンのアプリを見直し、必要がないアプリをアンインストールすることは大切かもしれない。
そうすることでデジタルデトックスとまではいかないけど、スマートフォンに四六時中振り回されることがない、豊かな生活(?)が可能になるかもしれない。

スポンサーリンク
関連するコンテンツ