simフリーのiPhone SEを買うなら、EXPANSYSで並行輸入機がオススメ!

iPhoneSE_64GB_EXPANSYS
本日2016年3月31日、iPhone SEの販売が始まった。
早い段階で予約できた人とかは、すでに実機を手にしているんじゃないかな。

もし、まだ購入を迷っている方がおられたら、並行輸入の海外版iPhone SEの購入も検討してはいかがだろうか。
少なくともiPhone SEに関しては、いくつかの利点があるからだ。

スポンサーリンク

海外版iPhone SEをオススメする2つの理由

シャッター音をミュートできる

日本国内で発売されているiPhoneは、携帯キャリア各社はもちろん、Apple Storeで販売しているsimフリー機まで、どういうわけかシャッター音を消せない仕組みになっている。
海外で販売されているiPhoneのほとんどは、ミュートスイッチで無音撮影が可能だ。

通常の撮影は静音カメラアプリなどで、ほぼ音をたてずに撮影できるが、スクリーンショットはシャッター音を消すことができない。
人混みや電車内などで、ウェブサイトをメモ代わりに記録しておく時、ほんとうに困ることが多い。
盗撮防止が目的というけど、静音カメラアプリもあるわけだし、意味がないと思うんだけど…

価格が国内simフリー機と変わらない(安い!?)

日本のApple Storeで販売しているiPhone SEは、当時のレートより高く設定されている。
16GBモデルは、本来なら45,000円前後になるはずなのに、実際の販売価格は52,800円(税抜)だ。

僕がiPhone SEの購入を見送った3つの理由
2016年春のApple新商品発表会で、予定どおり(?)発表されたiPhone SE。 5/5sの4インチiPhone愛用者には待望の...
一方、海外スマートフォン並行輸入販売の有名店EXPANSYSではiPhoneSE 16GBモデルを52,460円64GBモデルを65,590円で販売するという(いずれも税込)。
これに送料などが加算されるが、それでもApple StoreのiPhoneより安くなるか、同額くらいだ。
さらに仮予約すれば10ドル(約1,120円)の割引も受けられる。

まとめ

実は僕もSEの購入をためらっている人間のひとりだ。
やはり、半年後に発表されるだろうiPhone 7が気になる。

現時点では7の発表後にどちらか決める予定なんだけど、ネットでのレビューやEXPANSYSの価格を見ていると、思わず買ってしまいそうな気もするな…

iPhoneSE_16GB_EXPANSYSApple iPhone SE A1723(simフリー, 16GB, Space Gray)
iconEXPANSYS

iPhoneSE_64GB_EXPANSYSApple iPhone SE A1723(simフリー, 64GB, Rose Gold)
iconEXPANSYS

スポンサーリンク
関連するコンテンツ