手ブレ補正機能も付いた「シンプル無音カメラ」は、無音カメラアプリの決定版か!?

simple-camera僕はsimフリーのiPhone 5sを使っているのだけど、日本のApple Storeで購入したのでミュートにしてもシャッター音を消すことができない。

だから静音カメラアプリ「OneCam」を使ってきた。
ミュートではほとんどシャッター音がしないうえに、画質も良いので、とても気に入っていた。
ただ僕の撮り方が悪いのか、手ブレすることが多かった。

手ブレも抑えられる静音カメラアプリがないか探しているとあった。
「シンプル無音カメラ」だ。

simple-cameraシンプル無音カメラ – 手振れ補正, 高画質 & 動画 – KANAME OHARA

スポンサーリンク

シンプル無音カメラの使い方

基本的にはディフォルトのカメラアプリと同じく、起動してシャッターをタップするだけだ。
iPhoneをミュートにしておくと、シャッター音も鳴らない。

シンプル無音カメラの設定

解像度や縦横比など、細かい設定もできる。
simple-camera_a

  • ① 設定
    ズームバーやグリッドの表示、解像度の変更、手ブレ補正機能のオン・オフなどを設定する。
  • ② 縦横比変更
  • ③ セルフタイマー
  • ④ フラッシュのオン・オフ
  • ⑤ アウトカメラ・インカメラ切替
  • ⑥ ズームバー
  • ⑦ カメラロール
  • ⑧ シャッターボタン
  • ⑨ 露出のAUTO・MANUAL切替


⑨の露出をタップしてMANUALにすると、露出バーが現れ調整することができる。
simple-camera_b


また、撮影時にシャッターボタンを長押しすると連射できたり、URL入りのQRコードを読みとって、リンク先のウェブサイトにアクセスすることも可能。

さらに手ブレ機能付きの動画撮影もできるなど、機能が満載だ。

まとめ

「シンプル無音カメラ」を使うようになって、手ブレ写真がほとんどなくなった。
露出調整もできるので、チョットしたブログ用の写真もコレで充分だ。

以前は対応機種であればさらに高解像度、4032×3024での撮影が可能な有料のPRO版も販売されていたんだけど、現在(2016/9/30)はApp Storeから下げられている。
iPhone 7シリーズに対応するため、アップデート中なのかもしれない。

それにしても国内販売用のiPhoneには、これからもシャッター音のオン・オフ機能は付かないのかな。
こういう優秀な無音(静音)カメラアプリが、ふつうにダウンロードできるのだから、意味がないと思うんだけど…
意外とメディアやマスコミも、この件は大きく取り上げないし、何か事情があるのだろうか…

simple-cameraシンプル無音カメラ – 手振れ補正, 高画質 & 動画 – KANAME OHARA


Androidアプリもある。
simple-cameraシンプル無音カメラ 全画面・高画質 kaname surya
googleplay2

スポンサーリンク