iOSとAndroidでもテキストを同期できる! 「Simplenote」の使い方

simplenote僕がiPhoneやiPad、MacなどのApple製品を使う理由のひとつが、そのエコシステムだ。

iCloud経由で写真やメール、アドレス(連絡先)や予定(カレンダー)が、ネットに繋がっていれば、すぐにすべての端末で同期される。

特にメモの同期が便利だ。
ちょっとした覚書はもちろん、ブログのネタや下書きまで、僕はiOS付属のメモアプリに書き込んでいる。

出先でiPhoneで書き込んでおくと、帰宅した時にMacで確認できる。
もちろん、iPadにも同期されている。

高城剛氏もご愛用! iOSの高機能アプリ「メモ」の正しい使い方

ただ唯一の欠点が、Apple製品間でしか同期できないこと。
サブ機で使っているAndroid端末、Nexus5でも同期できれば便利なのに… と思うことがある。

そんなアプリはないものか、と探していたらあった。
「Simplenote」だ。

simplenote_iOSSimplenote – Automattic

simplenote_AndroidSimplenote
googleplay

スポンサーリンク

Simplenote

Simplenoteの特徴は、なんといってもマルチデバイスで使えること。
iOSやAndroidといったモバイルOSはもちろん、MacやWindowsなどにも対応している。

Mac・Windows版のダウンロードは、Simplenoteのオフィシャルサイトから可能だ。

iPad mini2で使ってみよう。

起動して[スタート]をタップ。
simplenote_a

メールアドレスとパスワードを2回入力して[登録]をタップ。
simplenote_b
アイコンがあるので、ID(メールアドレス)とパスワードの管理は1Passwordでも可能だ。

ログインするとノート一覧が表示される。
simplenote_c
右上の[+]で、新しいノートを追加できる。

左上の[‹]>[⚙]で設定。
simplenote_d
並べ順やテーマの変更、パスコードの設定ができる。

表示画面が広いので長文にも最適だ。
simplenote_e

右上の[i]で、様々な共有が可能。
simplenote_f
[送信]でメールでの送信やTwitterでの投稿、Evernoteに保存することもできる。
[公開]でURLが発行され、そのURLを使ってブラウザ経由で誰でもノートを閲覧することができるようになる。

まとめ

名前どおりシンプルで分かりやすいUI、何よりもID(メールアドレス)とパスワードだけで、マルチデバイスで使えるところが良い。
URLの発行で、第三者とも簡単に共有できるところもポイントが高い。

iOSやAndroid、Windowsなど複数のOSをまたがって使っている場合のテキスト共有アプリとしては、もっとも優秀なアプリのひとつといって良いだろう。


こちらの投稿もいかがですか

iOS9で超絶進化を遂げたキーボードとメモアプリが有能すぎて、iPad mini2での作業がさらにはかどる!!

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ

コメント

  1. […] iOSとAndroidでもテキストを同期できる! 「Simplenote」の使い方 […]