Spigenのメタルキックスタンドで、iPhone 7 Smart Battery Caseを簡易テキスト入力デバイスにカスタムする

spigen-smartphonestand_a
メタリックでカッコ良さそうなので、以前から気になっていたSpigen(シュピゲン)のスマートフォン用キックスタンド。
通常価格は1,890円のところ、Amazonで1,320円(2017/1/9現在)のセール価格になっていたので購入してみた。

スポンサーリンク

Spigen メタルキックスタンド

超シンプルな袋入り。
spigen-smartphonestand_b

内容はスマートフォンスタンド本体と、予備の専用両面シールが1枚。
spigen-smartphonestand_c
本体はメタル部分が傷つかないように、保護シールが貼られている。

バッテリーケースの素材がシリコンっぽかったので、付くかどうか不安だったが無事接着できた。
spigen-smartphonestand_d

収納時はマグネットで留まり、マグネットを外すとスプリングの作用で開くことができる。
spigen-smartphonestand_g
マグネットの磁力と、スプリングの微妙な強さのバランスで、簡単に開閉することができる。

しっかりとスタンドになっている。
spigen-smartphonestand_e

MicrosoftのUniversal Foldable Keyboardと組み合わせると、簡易テキスト入力デバイスとして、高城剛的な使い方(?)ができる。
spigen-smartphonestand_f

sankouモバイルキーボードの最適解!! Microsoft Universal Foldable Keyboardを購入!

まとめ

オールメタル製の本体は、意外と(?)質感があり安っぽさはない。
ワンタッチで簡単に開閉できるところも機能的だ。

本体に直接付けるにしろ、ケースに付けるにしろ、フラットな面であれば当然スタンド部分が突出するので、iPhoneを仰向けに置いた場合に安定しない。
しかしSmart Battery Caseの場合、バッテリー部分が出っ張っているので、凹んだ部分に付けるとiPhoneを仰向けにおいてもスタンドが邪魔になることはない。

Smart Battery Caseに最適なスタンドといって良いだろう。

僕が購入したのはブラックだが、よりメタリックなシルバーもある。

スタンドが搭載されたiPhone 7用ケースもある。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ