時代はストリーミング!「AWA」「LINE MUSIC」「Apple Music」を比較検討してみた【追記あり】

image
WWDC2015で発表された「Apple Music」。
先日、サービスが開始された「LINE MUSIC」。

それより先、5月末に開始された音楽ストリーミングサービスがある。
avexとサイバーエージェントが運営する「AWA(アワ)」だ。

これら3大国内音楽ストリーミングサービス、どこがどう違うのか?
比較検討してみよう。

スクリーンショット 2015-06-14 15.37.11AWA Music – AWA Co. Ltd.

スポンサーリンク

AWA、LINE MUSIC、Apple Music比較表

streaming_music

楽曲数はApple Musicが圧倒的(現時点)

楽曲数は3.000万曲以上ということで、Apple Musicが圧倒的だ。

ただし、LINE MUSICも2016年内に3.000万曲以上になる予定だという。
LINE MUSICを運営している会社には、ソニー・ミュージックが参加しているので、不可能な数字ではなさそうだね。

ただ、世界的な音楽ダウンロードサービスである、iTunesをバックボーンに持っているApple Musicが、やはり頭ひとつ抜きん出ているように思う。

1,000万曲(予定)のAWAは、やや力不足か。
http://re-cyberrat.info/apple_music

音質はAWAとLINE MUSIC

再生音質に関しては、Apple Musicが256kbps一択に対し、AWAとLINE MUSICは64〜320kbpsまで、状況に応じて選択できる。
特にWi-Fi使用時には320kbpsの高音質を選択できることはポイントが高い。

ただし、もともと再生音質の高くないiOS端末においては、256kbpsで充分だろう。
Xperiaなど高品質再生機能があるAndroidなら、320kbpsの高品質音源を充分に楽しめるんじゃないかな。

ただ、いずれのしてもデータ通信量を考えると、Wi-Fiの使用がメインとなりそうだ。
http://re-cyberrat.info/line_music

料金は円安の影響で変動!?

AWAとLINE MUSICが、どちらも全機能が使えるプレミアムプランが月額1,080円。
Apple Musicは正式な日本価格は未発表ではあるが、月額9.99ドルなので、現在(2015/6/14)のレートでは1.250円前後と予想される。

Apple Musicは海外サービスなので、レートの影響で価格が変動する可能性がある。

【追記】

2015年7月1日、Apple Musicは月額980円(ファミリープランは月額1.480円)でリリースされた。

まとめ

LINE MUSICはLINEアカウントと連動し、ソーシャルでシェアでき、お気に入りの楽曲を友人にオススメすることが可能だ。
AWAとApple Musicは、有名DJや音楽プロデューサーによるリコメンドが特徴。

など、それぞれに特徴があり、ひとつのサービスが突出して優れている、ということはなさそうだ。

ただ、iTunes Matchなど既存のサービスとも連動しているApple Musicは、iPhoneなどiOS端末のユーザーにとっては最有力候補になりそうだ。
ただしApple Musicはサービス開始前なので、実際の使用感などは未知数であることはお断りしておく。

いずれにしても、各サービスとも無料お試し期間が設けられているので、実際使ってみて決めるのが得策だろう。
もちろん、お財布に余裕がある音楽ファンは、複数サービスを契約するのもありだ。

スポンサーリンク