ライバル比較!! Surface Book vs MacBook Pro!

surfacebook-vs-macbook-pro
2016年10月26日と27日(いずれも現地時間)、あいついで発表されたMicrosoftとAppleの新型ハイエンドラップトップパソコン、Surface BookとMacBook Pro。

おそらく同社ともライバル機を意識して開発されたと思われる両機を比較してみよう。

sankouAppleと真っ向勝負!? Microsoftの新型パソコン「Surface Book」「Surface Studio」発表!

sankou【速報】 新型MacBook Pro発表! Apple 新製品発表会 Oct2016

スポンサーリンク

Surface Book vs MacBook Pro

surfacebook-vs-macbook-pro_a
ディスプレイサイズを13インチモデルで統一し、どちらも全部盛りのハイスペックモデルで比較している。

大きな違いのひとつがディスプレイ。
Surface Bookはタッチパネルになっているだけでなく、ディスプレイをキーボードから分離してタブレット端末として利用することも可能だ。

一方MacBook Proは、新機能タッチバー(Touch Bar)を採用している。
トラックパッドどタッチバーでタッチパネルに対抗しようという、Appleのこだわりを感じさせる。
実際の使用感は分からないものの、手汗や指紋でディスプレイを汚すことがないという利点はありそうだ。

外部端子はSurface BookがUSB3.0とSDカードスロットなど、従来の周辺機器に対応しているのに対し、MacBook ProはUSB-CのみでSDカードスロットも廃止している。
新型MacBook Proの導入を検討した場合、周辺機器もUSB-Cに対応したもの、あるいは変換アダプターの購入も計算に入れておく必要がありそうだ。

本体サイズはMacBook Proの方が一回り小さく、約270g軽い。
フルサイズで持ち運びを考えるならMacBook Proの方にアドバンテージがあるものの、Surface Bookはディスプレイ部分だけをタブレット端末として持ち出すという選択肢もある。
このあたりは外出先でキーボードが必要かどうかが判断基準になるだろう。

現時点(2016/10/28)で新型Surface Bookの国内販売価格は発表されていないが、米価格で換算すると10万円程度MacBook Proより高くなりそうだ。
ただし何度も述べている用に、Surface Bookはタブレットとしての利用もできるため、フルサイズのパソコン+Windowsタブレットと考えた場合、決して高価とはいえなくなるかもしれない。

まとめ

スペックに関しては、OSが異なるためCPUやGPUで、単純に優劣をつけるのは難しい。
したがって、ここでは機能面の比較だけにとどめておいた。

とはいえ結局のところOS、Windowsかmac OSかという判断になってしまいそうだ…

※ 各機スペックは現時点で発表されているもの。特に新型Surface Bookは国内販売が正規発表されていないため、誤りがある可能性があることをお断りしておく。

スポンサーリンク
オススメのコンテンツ